2024年07月16日

商品ページの作り込みで効果が変わる|B-SpaceでYahoo!ショッピングのストアページを作ってみよう!(PC版 商品ページ編)

Yahoo!ショッピングのストアページ構成は、大きくストアトップページと商品ページです。

「商品ページ」は検索やカテゴリリストから来たお客様が最初に訪れるページなので、ストアの入り口である「商品ページ」の印象は最も重要です。

そこで今回はB-Spaceの各種サービスを使って、最初に訪れた商品ページでいかに購入してもらうか、ストア内のほかの商品をどう見てもらうかなど、PC版商品ページの作り込みについて詳しく解説していきたいと思います。

トップページの制作については以下記事をご覧ください。
開店したてのお店もにぎわいのあるお店に変身|B-Spaceでストアページを作ってみよう!(ストアトップページ編)
共通スペースも有効活用|B-SpaceでYahoo!ショッピングのストアページを作ってみよう!(PC版 共通スペース編)

■この記事のポイント

  • 商品ページはお客様がストアに最初に訪れる重要なページ
  • 商品画像の印象で検索結果やカテゴリリストなど表示箇所でのクリック数(訪問者数)は変わる
  • 商品ページ内のひと言コメント枠はストアの回遊促進や特集、キャンペーンの告知にも使える

ヤフー太郎店長と一緒に、商品ページの作り込みを勉強していきましょう!

Yさん、商品ページが重要とおっしゃいますけど、商品ページってどこのお店も同じなんじゃないですか?

商品ページは検索やカテゴリリストから来たお客様が最初にストアに訪問するページなんです。
そこでお買い物せずに帰ってしまうのか、そのまま残ってお買い物を続けるのかは商品ページ次第なんですよ。

なるほど。でも商品ページのどこに注意して、何を変えたらいいんですか?

わかりました!今回はB-Spaceのサービスを使って、商品ページをどう作りこんでいけばいいか説明します!

商品ページはこんなに重要

多くのお客様は検索やカテゴリリストで表示された商品をクリックして商品ページに入ってきます。

商品ページの商品画像は検索のサムネイルとしても表示されます。

商品ページは新規のお客様にとって、ストアに訪問する入口で、その商品ページの内容が信用できるか、情報が十分に揃っているかを判断し購入に至るので、とても重要なページです。

ある意味、ストアトップページよりも力を入れるべきは商品ページとも言えます。

商品ページ作成の4つのポイント

訪問したお客様に商品を購入してもらうためには、どんな点を考慮して商品ページを作成すればいいのでしょうか。

以下に商品ページ作成で気をつけたいポイントについて挙げてみました。

  • 商品画像は特徴がわかりやすく、どんな商品かはっきりとわかるか
  • 商品詳細画像でお客様が知りたい箇所の画像や説明が入っているか
  • 商品名・キャッチコピーなど検索関連キーワードは入っているか
  • お客様が回遊しやすい設計になっているかどうか

商品ページは以下のように構成されています。

■商品ページのレイアウト

商品画像:検索結果でサムネイル表示されるのは「商品画像」です。この商品画像に興味を持ってお客様がクリックをし、商品ページに入ってきます。

詳細画像:カラーバリエーションや電源タイプ、サイズや使用感、着用感などがあれば安心してお買い物ができます。

商品名(キャッチコピー含む):検索結果で表示されるためには、検索関連キーワードなどの文言を入れておきます。

ひと言コメント:この部分を有効活用することで、バナーやおすすめ商品棚、購入情報など表示でき、ストア内の回遊やついで買いを促進できます。

さっそく、B-Spaceのサービスを使って”売れる”商品ページを作りこんでいきましょう!

商品ページを作りこんでみよう

先ほど説明した商品ページ作成のポイントにしたがって、B-Spaceの各種サービスを使って商品ぺージを作っていきましょう。

今回は以下のパーツを制作する方法について具体的に説明していきます。

  • 商品画像
  • ひと言コメント

商品画像

商品画像はYahoo!ショッピングの検索結果、カテゴリリスト、アイテムマッチでサムネイル表示されます。

そのため商品画像の印象がクリック数(訪問者数)に影響するので、特徴がわかりやすく、商品がはっきりとわかるような画像を心がけましょう。

Yahoo!ショッピングでは圧倒的に商品が探しやすいサービスを追求しているので、お客様にとって見やすく誤解を与えない商品画像が求められています。

商品登録画像ガイドラインに沿って、わかりやすい商品画像を作成してみてください。

商品登録画像ガイドラインについて詳しくは以下のページをご確認ください。
商品画像登録ガイドライン(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

■商品画像例

GAZN(ガゾーン)にて作成

ガイドラインに沿った商品画像の作成は決して難しくありません。

B-Spaceのらくらく画像制作サービス「GAZN(ガゾーン)」を使えば、誰でも簡単に思わずクリックしたくなるような商品画像が作成できます。

商品画像は基本的に中央に商品を配置し、背景は単色白もしくは写真背景(商品と一緒に撮影された背景)のみが使用できます。

GAZN(ガゾーン)にはカテゴリ別に商品画像のテンプレートが豊富に用意されているので画像やキャッチコピーを入れ替えるだけで完成します。
GAZN(ガゾーン)について詳しくはこちら

商品画像の作成方法

GAZN(ガゾーン)をクリックします。

ガイドラインの目安となるデザイン範囲の書かれたテンプレートが用意されています。

商品画像のテンプレートがカテゴリ別にあるので、そこから合いそうなレイアウトのものを選びます。

選んだテンプレートを元に画像を入れ替え、文言を変更し、位置と文字色などを変えるだけなのでサクサクと商品画像が作れます!

ストアクリエイターProでの設定方法

ストアクリエイターProの「商品・画像・在庫」のタブをクリックします。

左サイドのサイトマップから商品を選択し、右側の商品ページプレビューから「編集」を選択し、商品基本情報の商品画像をGAZN(ガゾーン)で作り直した画像に変更します。

商品基本情報

画像選択から、「ファイルを選択」し、「アップロード」します。

詳細画像

詳細画像とは2枚目以降の画像です。

お客様が知りたい部分やモデル・イメージ画像があると、安心してお買い物でき購買率アップにつながります。

カテゴリによって必要な情報は異なりますが購入の際に気になるポイントで、画像で解決するものは詳細画像で加えておくと良いでしょう。

■詳細画像例

詳細画像の構成は以下を参考にしてください。

ひと言コメント

ひと言コメント枠は商品ページ内の商品説明項目のひとつで、商品ページを訪問したお客様に関連商品やサービスを表示させることができます。

B-Spaceのサービスを使って、関連する商品の特集バナーやキャンペーンバナーを表示したり、おすすめ商品棚、購入情報・レビュー情報が表示されるように設定できます。

ひと言コメント欄はストア内の回遊やついで買いを促すことができるので、ぜひ活用しましょう。

■ひと言コメント表示例

ひと言コメントの表示はPC版ストアページのみで、スマートフォン版ストアページでは表示されませんのでご注意ください。

ひと言コメント設定方法

B-Spaceの各種サービスを使い、以下の設定ができます。

  • 特集バナーやキャンペーンバナーを表示したい→「GAZN(ガゾーン」でバナー作成、「にぎわいバナー」で設定
  • おすすめ商品棚を表示したい→「動く!商品棚」で設定
  • 購入情報・レビュー情報を表示したい→「にぎわいタイムライン」で設定

バナーを設定する場合

ひと言コメント欄にバナーを設定する場合は、らくらくバナー制作ツール「GAZN(ガゾーン)」と「にぎわいバナー」を使います。
にぎわいバナーについて詳しくはこちら

「GAZN(ガゾーン)」にはひと言コメントサイズのバナーテンプレートもそろっています。

ここから使いたいバナーを選んだり、画像やキャッチコピーを入れ替えたりして保存します。

次に「にぎわいバナー」を開いて、新規作成を行います。

開店準備中のストアさまは、「おすすめ商品一覧看板用」「新規オープン看板用」のテンプレートが登録されています。
ぜひこちらもご活用ください。

今回は全顧客に看板のバナーを表示させるよう設定します。

設定名を入力し、全顧客のまま作成します。

※ターゲットに合わせてバナーを出し分けしたい場合は「+」をクリックして、お客様属性(性別、年代、LYPプレミアム会員限定かどうか)を選んで設定することができます。

バナー画像登録で「ファイルを選択」もしくは「GAZN画像から選択」で画像が登録できます。

ここでバナー登録①に「敬老の日」、バナー登録②に「5のつく日」を登録します。バナーのとび先のリンク(商品ページや特集ページ)も入れて下さい。

バナータイプで固定で表示するか、スライドさせるかという設定ができます。一度に表示する数やスライドの速度なども設定できます。

「設定を保存する」から「ストクリPROへの貼り付け用タグを取得」を押すと、下図のようにタグが書き出されるので、コピーをします。

おすすめ商品棚を設定する場合

ひと言コメント欄におすすめ商品棚を設定する場合は、B-Spaceの「動く!商品棚」を使います。
動く!商品棚について詳しくはこちら

今回は「動く!商品棚」でランキングの商品棚を作っていきます。

B-Spaceより「動く!商品棚」を開きます。

開店準備中のストアさまは、「おすすめ順_ひと言コメント用」のテンプレートが登録されています。
ぜひこちらもご活用ください。

「動く!商品棚」もターゲットも「にぎわいバナー」同様、出し分けるターゲットの選択が可能です。今回は全顧客対象にしています。

新規作成を押して、設定名を入力してから、商品棚に並べる商品を手動で選ぶか、自動で選ぶかを選択します。

■ランキング商品棚(自動切替)

今回の「店長のおすすめランキング(自動切替)」は自動で商品が表示されるように設定しました。価格の安い順で一旦は並べていますが、実際にはおすすめ順・価格の安い順・レビュー数の多い順・売れ筋順・登録日順など選べます。

動く商品棚01

「設定を保存する」を選択し、「ストクリPROへの貼り付け用タグを取得」ボタンを押して、ストアクリエイターPro貼り付け用のタグを取得します。

購入情報・レビュー情報を設定する場合

ひと言コメント欄に購入情報・レビュー情報を設定する場合は、B-Spaceの「にぎわいタイムライン」を使います。
にぎわいタイムラインについて詳しくはこちら

お客様からの商品レビューや購入情報をリアルタイムで表示していく仕組み(タイムライン)です。

B-Spaceで「にぎわいタイムライン」を開きます。

「新規設定」ボタンを押し、各項目の設定をしていきます。

開店準備中のストアさまは、「シンプル_汎用版」のテンプレートが登録されています。
ぜひこちらもご活用ください。

「設定を保存する」を選択し、「ストクリPROへの貼り付け用タグを取得」ボタンを押して、ストアクリエイターPro貼り付け用のタグを取得します。

ストアクリエイターProの設定方法

B-Spaceで書き出されたタグをストアクリエイターProに貼り付けていきます。

バナーでも商品棚でも購入情報でも設定方法は同じです。

ストアクリエイターProの「商品・画像・在庫」のタブをクリックします。

左サイドのサイトマップから商品を選択し、右側の商品ページプレビューから「編集」を選択し、商品詳細情報の「ひと言コメント」欄にタグを貼り付けます。

今回ご紹介した方法は個別での設定方法ですが、複数の商品を一括更新することができます。

ストアエディタで、商品データベースファイル(CSV形式)を「商品管理」でアップロードする(フィールド名:abstract)ことで反映します。

商品データベースの作成については以下のマニュアルをご参照ください。
商品データベースを作成する|ツールマニュアル(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

商品ページはどれも同じだと思ってましたが、比べてみると随分違いますね!
商品ページがにぎやかな方が買いたいという気持ちになります。

商品画像で興味を引き、商品ページで納得してもらいことが重要なんです。
商品ページはストアの顔ともいえるのでしっかり作りこんでいきましょう!

まとめ

今回は商品ページのにぎわい演出を設定する方法について説明しました。

商品画像が魅力的であったり、商品ページの情報が充実しているとクリック数(訪問者数)や購買率に良い影響があります。

全ての商品ページの作り込みが難しい場合はイチオシの商品、広告を設定している商品からしっかり作りこんでいきましょう。

B-Spaceのサービスについて詳しくは以下のぺージをご参照ください。

【関連記事】
クリックされるには第一印象が大事!売れる商品画像に共通するポイント
たくさんの人に見られるためにはどうすればいい?新商品を追加したら“やるべきこと”
思わずクリックしたくなる!キャンペーン バナー制作のポイント
開店したてのお店もにぎわいのあるお店に変身|B-Spaceでストアページを作ってみよう!(ストアトップページ編)

こちらの記事もどうぞ