2019年12月16日

お金をかけずに流入を増やせる?噂の「ランキング応援団」を使ってみた

Yahoo!ショッピングに出品している商品の中で自分たちの商品がどれくらい売れているか、他店と比べてどう違うのか、気になりませんか?
そんなときはB-spaceが提供する「ランキング応援団」がオススメです。

「ランキング応援団」を活用すると自店、他店の売れ筋商品のデータが一目でわかり、自分では気づかない売れ筋商品や狙い目カテゴリを発見することができます。
上位ランキングしている商品の良いところを真似ることで、Yahoo!ショッピング内SEOに効果が見られる場合があります。

また、検索結果で上位にランクインしている商品があればランキングマークを付けてをアピールすることもできます。

ランキングマーク

 

ランキング応援団とは

先程もお伝えしたように、ランキング応援団は自店、他店の売れ筋商品のデータをランキングで表示するサービスです。
100位以内にランクインしている商品を対象に、Yahoo!ショッピング内のカテゴリ売上ランキングで自店の商品が何位かが一目でわかります

また、Yahoo!ショッピング内のランキング情報をカテゴリごとにチェックすることも可能です。

それではさっそく使ってみましょう。

 

ランキング応援団を使ってみよう

自店ランキングトピックスページを確認する
まずはB-Spaceのトップページから「ランキング応援団」をクリックします。

すると、「ランキング応援団」のページが表示されます。

100位以内にランクイン商品がない場合

ストアに商品が登録されていない、100位以内にランクインしている商品がない場合はレポートは表示されません。
※トップページに戻る場合は右上の「B-Space」をクリックします。

100位以内にランクインしている場合

一方で、出品している商品が100位以内にランクインしていると上記のようなレポートが表示されます。
画面右上のトピックス欄には、Yahooショッピング内で各カテゴリの人気・売れ筋商品、上位100位以内にチャートインした自社商品数が表示されます。

「デイリー」、「ウィークリー」ボタンをクリックすることで、一日分のデータを集計したデイリーレポートと、一週間分のデータを集計したウィークリーレポートを切り替えられます。

 

「履歴を見る」

「履歴を見る」をクリックすると、チャートイン履歴ページが別ウィンドウで表示され、以下の7項目を確認できます。

  1. 商品名称
  2. 商品コード
  3. 表示期間
  4. ランク(順位)と日付け
  5. チャートイン履歴のグラフ
  6. 該当日の各カテゴリ毎のランク(順位)
  7. カテゴリと色分け

「チャートを見る」

「チャートを見る」をクリックすると、デイリーでチャートインしているカテゴリの「ランキング商品比較」を確認できるページが別ウィンドウで表示されます。

毎日12:00頃に更新されるので、こまめに自社商品のランキングをチェックしましょう!

 

ランキング商品比較ページの情報を活用する

自店ランキングトピックスページの「ランキング検索」か、ランクイン商品の「チャートを見る」をクリックするとランキング商品比較ページが表示されます。
このページでカテゴリ毎のランキングを確認することができます。

自社だけでなく、他社の商品の商品情報を確認することで、ランキング上位の商品との掲載情報や書きぶりの違いを研究し、自社の商品ページに活かしましょう。

「ランキング検索」の方法

画面上部の「対象カテゴリ」ボタンから表示するランキングのカテゴリを変更できます。

その下の「デイリー」、「ウィークリー」ボタンからデイリーランキングとウィークリーランキングを切り替えられます。
「絞り込み設定」からはさらに詳細な項目を設定できます。

また「価格」、「商品」、「PR」のボタンから表示する項目内容の切り替えも可能です。

「価格」
「商品」
「PR」

ランキングマークのダウンロード方法

商品が100位以内にランクインしている場合、ランキングマークをダウンロードできます。
まず、「ランキング応援団」のTOPページを表示し、ダウンロードしたい商品のランキングマークをクリックします。

すると、モーダルが表示されますので「受賞画像をダウンロード」を押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードした画像は、ストアページや商品ページに掲載し、お客様の注目を集めましょう!
ダウンロードした画像を加工したい場合は、初心者でも簡単にバナーが制作できるB-Spaceのバナー画像制作ツール「GAZN」で編集いただけます。

>> 初心者でも3分で完成 | 無料画像制作ツール【GAZN(ガゾーン)】を使ってみた

 

まとめ

今回は「ランキング応援団」の使い方を説明させていただきました。
自社商品のランクだけではなく、他店の商品も含めたランキングを一目で理解することができるのでとても便利です。
他店と売り方(価格、キャッチコピー、見せ方)のどこか違うのか、自店の売り方の改善、検証にもお役立ていただけます。

また、ランキングマークを商品に付けることで、たくさんの人に選ばれる商品であることがアピールでき、購買率もあがります。
「ランキング応援団」の機能を活用して、自店の商品の上位表示を目指しましょう!

※B-Spaceに関するお問い合わせは、当ブログ右上「B-Spaceのお問い合わせ」より、ストアアカウントを添えてご連絡ください。

こちらの記事もどうぞ

お申込はコチラ※初月無料特典実施中! 導入の合相談お問い合わせはコチラから