2020年06月22日

shopleap使い方講座~ショップ情報の設定方法〜

手軽に自社ECサイトを構築できるB-Spaceの自社ECサイト作成ツール「shopleap(ショップリープ)」。誰でも驚くほど簡単に自社ECサイトを形にできる頼もしいツールです。

自社サイト作成後に担当者として注視しなければならないのが、検索結果順位やその表示のされ方など、検索エンジンがサイトを理解して適切な結果を反映させていくSEO対策( Search Engine Optimization)です。

shopleapでは「ショップ情報」を設定することで誰でも簡単に最低限のSEO対策を行うことができます。今回はその設定方法についてご案内します。

ショップ情報って何?

ショップ情報の設定作業は大きく2つの役割を持ちます。

①お客様の安心感に繋がる

ショップ名やファビコンはサイト上に反映されます。サイトを訪れたお客様が、自分が今どんなサイトを訪れているのかが直感的にわかりやすくなり安心に繋げられます。

②検索サイトへの表示に繋がる

ホームページタイトルやメタディスクリプションは私たちが直接確認できるサイト上には反映されず、裏側に反映されます。インターネット上の検索は、ユーザーが検索した行為に対して検索結果として関連性の高いサイトを順番に表示します。その際に参照されるのがこの「ショップ情報」に設定した文字列になります。

各項目の説明

ショップ名とは

作成したページの上部に表示されるショップ名を編集できます。

ホームページタイトルとは

Yahoo!JAPANやGoogleの検索結果や、Webブラウザのタブに表示されるキーワードになります。

以下の点に注意して設定しましょう。
 ・ページの内容がすぐに分かるタイトルを付ける
 ・ヒットさせたいSEOキーワードをタイトルに入れる
 ・ページの内容に関係ないキーワードは入れない
 ・タイトルはキーワードの羅列ではなく文章にする
 

メタディスクリプションとは

Yahoo!JAPANやGoogleの検索結果で表示されるショップの「概要」になります。検索結果に表示され、サイトの説明文に相当するためクリック率を左右します。重要なキーワードは冒頭に書くことを心がけましょう。

ファビコンとは

Webブラウザのタブに表示されるタイトルになります。ファビコン用の画像データをアップロードして設定します。

実際にやってみよう

まずshopleapのトップページから「設定画面へ」のボタン、または画面左下にある「各種設定」を選択します。

ショップ名の入力

ページ情報の入力画面に切り替わるので、画面上部の「ショップ名」から順に入力していきます。

ホームページタイトルを入力します

メタディスクリプションを入力します。

ファビコン用の画像データを設定します。

ファビコン用データサイズ
・推奨サイズ:幅32ピクセル×高さ32ピクセル
・ファイルサイズ:2MB以下
・拡張子:GIFまたはJPEG

すでにファビコン用のデータをお持ちの場合は、画像選択ボタンよりアップロードしてください。まだファビコン用画像をお持ちでない場合は作成してみましょう。

ファビコンを作成してみよう

今回はshopleapと同じくB-SpaceのWEBツールの1つである画像作成ツールGAZN(ガゾーン)を使用してファビコンを作ってみます。

GAZN(ガゾーン)とは
B-Spaceが提供する、誰でも簡単にバナーは画像パーツを作成することができる便利な画像作成ツールです。

まずはGAZN(ガゾーン)を開き、トップページの「オリジナルサイズで作る」欄のピクセル入力欄にピクセルサイズを縦横それぞれ推奨値である「32」と入力します。次に直下にある「上記のサイズで新規作成」を選択します。

①既存のロゴデータなどからファビコンを作る場合

すでにお持ちのロゴデータなどの画像を使って、サイト用のファビコンを作ってみましょう。

今回はこのショップロゴデータを使って、ファビコンの作成に挑戦してみます。

画面左のメニュー内から「登録素材」を選択し、「アップロード」ボタンを押して端末から画像をアップロードします。

アップロードした画像の四隅をドラッグしてサイズを調整します。画面右上の表示調整で画像の拡大・縮小が可能です。

画像を調整できたら画面右上の「保存」ボタンを押します。

②図形のイラストなどを使用してファビコンを作る場合

ショップロゴなどの使える画像が無い場合、GAZN(ガゾーン)に用意されている様々な図形イラストを組み合わせてファビコンを作ってみましょう。

画面左側にあるメニューの中から「図形」を選択し、好みのイラスト図形を選びます。
画面に反映されたイラスト画像の右斜め端の四角箇所をドラッグして画像を縮小し、サイズにあわせて調整します。

「色」を選択し、パレット内から任意の色を選択します。

イラスト図形を追加します。

追加したイラスト図形の色を変更します。

大きさや色を調整できたら、画面右上の「保存」ボタンを選択します。

保存に成功したら「OK」を押して、画面右上の「ダウンロード」ボタンを押します。

以下画面が表示されれば完了です。

ファビコンをアップロードする

では実際にshopleapのページ設定画面でのアップロード手順をご案内します。

ファビコンの「画像選択」ボタンを選択します。

shopleapGAZN(ガゾーン)と連動しているので、GAZN(ガゾーン)内に保存している画像を直接読み込めるので便利です。

ページ情報を登録する

一連の作業が終わったら、検索結果に表示される実際のイメージを確認しましょう。

shopleapのページ設定画面には、「Google検索結果の表示イメージ」を確認できるので、見やすい表示になっているかなど、ユーザーの視点に立って確認できます。

問題なければ、最後に画面最下部にある「更新する」ボタンを押して作業完了です。

まとめ

自社ECサイトを作成する場合になにかと手間がかかり、後回しになりがちなSEO対策。ユーザーの目についたり、検索エンジンに読み込ませるページの大切な情報設定作業を、shopleapなら簡単に進めることができました。

自社ECサイトの構築を検討されているストアの担当者様、またはB-Spaceの導入をご検討中の方も、ぜひshopleapで手軽に自社のECサイト構築にチャレンジしてみてください。

今後もさらに使いやすく進化するB-Spaceをよろしくお願いいたします。

※B-Spaceに関するお問い合わせは、当ブログ右上「B-Spaceのお問い合わせ」より、ストアアカウントを添えてご連絡ください。

こちらの記事もどうぞ

お申込はコチラ※初月無料特典実施中! 導入の合相談お問い合わせはコチラから