2021年10月19日

今やスマホ割合が73%!スマホページのにぎわい演出、回遊性アップ対策できていますか?

今やスマートフォン(以下スマホ)の普及率が90%越え、スマホを利用してお買い物されるお客様がどんどん増えており、PCのショッピングサイトよりもスマホのショッピングサイトのお買い物しやすさが重要と言われています。

皆さんは自分のストアのスマホページにPCのストアページと同じくらい気を配っていますか?

スマホの売上割合が増えている以上、スマホページの改善は不可欠です。スマホページのにぎわい演出、回遊性アップを意識して対策をとっていきましょう。

そこで今回は、B-Spaceを使って自分のストアのスマホページをどう演出していくかについて詳しく解説していきます。

■この記事のポイント

  • Yahoo!ショッピングのお客様のうち73%の方がスマホを利用して購入している
  • スマホのストアページのにぎわい演出回遊性アップの対策が重要
  • B-Spaceはストアページの専用枠にバナーや商品、購入情報を簡単に設置できる

店長、ストアのスマホページの見え方って確認していますか?

PCでストア運営や管理をしているので、PC版のショッピングサイトはよく確認していますが、スマホ対策は何をしたらよくわかってませんでした。

それはもったいないですね。実は購入者の多くはスマホを利用して購入されることが多いんです。スマホページを改善できるともっと売上アップも見込めますよ。

今回はスマホ対策として何かできるか説明しますね!

まずはスマホがどれくらい重要か見ていきましょう。

Yahoo!ショッピングのスマホ(Web・アプリ)の占める割合

スマホ割合

Yahoo!ショッピングの購入者のうち、スマホを利用されているお客様の割合は73%です。スマホの中でも、アプリの占める割合が多いことも注目すべきポイントです。

さらにYahoo!ショッピングではスマホやアプリでの購入に対して独自キャンペーンを行うなど、スマホでのお買い物を優遇しているので、ストアのスマホ対策は必須といえます。

PayPayモールでも、スマホ・アプリの重要性は同じことがいえます!

あなたのお店のスマホ割合は?

では、実際に自分のストアのスマホ割合はどうなっているのか確認してみましょう。

ストアクリエイターProの販売管理でストア全体の合算やデバイス毎の売上やPV(ページビュー)などが見れます。

スマホ+アプリの売上がストアの売上実績のうちどれくらいを占めるのか確認し、平均と比べて低い場合はまだ伸びしろがあり、対策次第で売り上げがUPするかもしれません。

販売管理

詳しくは以下のページをご確認ください。
販売管理機能を利用する 全体分析レポートを確認する(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

スマホのストアページ制作ポイント

スマホのストアページは限られた画面の中でいかにたくさんの商品や情報を表示し、回遊性(ストア内を買い回る)を上げられるかが重要です。

スマホ版、アプリ版ともストアページ制作の際に注意すべきポイントをまとめました。

商品画像

商品画像とは、1枚目や検索画面で表示される画像です。

アプリ版のトップページに掲載される商品の多くは、お客様の閲覧履歴と関連商品で占められています。

そのためお客様に興味を持ってもらえるような商品画像を準備しましょう。

商品詳細画像

詳細画像

商品詳細画像とは、商品画像の次、2枚目以降に表示される画像です。

スマホの商品ページでは訴求できる情報がPC版より少ないので、商品詳細画像を充実させることで購入に必要な情報を補います。

ストアクリエイターProでは商品詳細画像を20枚まで登録できるので、送料や配送などのテキスト情報も商品詳細画像で登録してもいいでしょう。

トップページ

トップページの「スマートフォン情報」を入力しましょう。

スマホのストアページのトップの看板も以下のように設定できます。

ストアバナー
GAZN(ガゾーン)にて作成

ストア画像は35キロバイト以内のGIFまたはJPEGまたはPNG画像、画像サイズは任意(幅640ピクセル推奨)です。

ストア画像設置の方法ストアクリエイターProのトップページ編集から設定できます。詳しくは以下のページをご参照ください。
スマートフォン用情報を編集する(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

トップページを見たお客様に「このストアには良い商品がありそう!」と思ってもらうことが重要です。

バナーや商品は固定ではなくスライドで表示し、いろんな商品を見てもらえるようにする

スマホの限られた画面でたくさんの商品をお客様にアピールするためには、バナーや商品は固定ではなくスライドをさせて複数のバナーを見せるといいでしょう。

動きのあるバナーがあるとストアページの活気も出ます。

ストアの信頼度アップのためにレビューや購入情報を流す

商品情報以外にも他のお客様のレビューや購入情報があると、ストアページを見ているお買い物の参考になります。

B-Spaceのサービスを使うとお客様の属性に合ったバナーや商品を自動切替で表示することやレビューなどの購入情報もできるので購買率アップも期待できます。

カテゴリページ

カテゴリページの「スマートフォン用情報」も入力しましょう。

詳しくは以下のページをご参照ください。
カテゴリページ:スマートフォン用情報 (Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

商品ページ

商品ページは「商品情報」の項目がスマホで表示される項目なので、必要な情報は「商品情報」の項目に入れましょう。

スマホのストアページに設置できるB-Spaceサービス

スマホのストアページをより魅力的にするために、お客様に見せたい商品やバナーをB-Spaceの各サービスで作っていきます。

スマホのストアページへの設定はPCの設定のようにストアクリエイターProを立ち上げてHTMLタグを貼り付けなくでもB-Space内の作業で完結するので、とても簡単です。

使用するB-Spaceのサービスは以下のとおりです。

【動く!商品棚】
おススメ商品やランキングなどの商品棚が簡単に作成でき、お客様の属性に合わせても表示できます。

【にぎわいバナー】
キャンペーンやイチオシ商品のバナーをスライドさせたり、お客様の属性に合わせて自動切替表示したりするなどの設定が可能です。

【にぎわいタイムライン】
お客様のレビューや購入情報をリアルタイムで表示します。

■各サービスの設置例

スマホ機能紹介

B-Spaceでできるスマホの設置枠

スマホ・アプリのストアの各ページにBーSpace専用スペースが3枠設置されています。

バナーや商品棚、お客様のレビューや購入情報など好きに組み合わせて設定できます。(※設定がない時は自動でスペースが詰まります)

■スマホ(webブラウザ)ストアページでの表示位置

スマホの表示位置

■Yahoo!ショッピングアプリでの表示位置

B-Spaceの設定方法

B-Spaceのサービスを使って自分のストアのスマホ対策を行っていきましょう。

ストアページで何をお客様に見せたいかによって、以下のサービスを使い分けます。

  • 商品バナー・キャンペーンはバナーを見せたい場合は「にぎわいバナー
  • ランキングやおすすめ商品を見せたい場合は「動く!商品棚
  • 優良なレビューや購入情報を見せたい場合は「にぎわいタイムライン

例としてスマホ対策を施したストアページを以下のように作成しました。

■スマホのストアページイメージ

スマホ対策ページ

B-Space専用スペースはストア側で好きなように組み合わせができます。

例えば、専用スペース①・②・③のすべてをキャンペーンバナー、イチオシ商品バナーにすることもできますし、すべてを商品棚にすることもできます。

商品バナー・キャンペーンはバナーを見せたい場合「にぎわいバナー」

「にぎわいバナー」を開きます。

「新規設定」ボタンを押します。スマートフォン版の方を開いて設定していきます。

にぎわいバナー新規

今回は全顧客に看板のバナーを表示させるよう設定するので、ターゲットは選定せず全顧客のまま作成します。

※ターゲットに合わせてバナーを出し分けしたい場合は「+」をクリックして、お客様属性(性別、年代、Yahoo!プレミアム会員限定かどうか)を選んで設定することができます。

バナー画像登録で「ファイルを選択」もしくは「GAZN画像から選択」で画像が登録できます。

商品画像やバナーもB-Spaceのらくらく画像制作サービス「GAZN(ガゾーン)」で簡単に制作できます。
「GAZN(ガゾーン)」について詳しくはこちら

表示させたいバナーを登録したら、バナーをどう表示させるかを設定します。

設定が済んだら、「設定の保存」をクリックし、「スマートフォンサイトへの反映」ボタンをクリックします。

スマホのストアページのどの位置に反映させるかを選ぶ画面がでできます。

今回設定したバナーを「トップページ」「カテゴリーページ(共通)」「商品ページ(共通)」のそれぞれ専用枠のどの位置に反映させるかを決めます。

今回はB-Space専用枠①にバナーを反映させようと思います。

これでスマホのストアページに反映できました。

ストアクリエイターProでタグを貼り付ける必要がないんですね!

ランキングやおすすめ商品を見せたい場合は「動く!商品棚」

ランキングやおすすめ商品を複数見せたい場合は「動く!商品棚」で設定していきます。

ストアページの限られたスペースには、イチオシ商品や売れ筋の商品を見せると購買率アップにつながるのでオススメです。

B-Spaceから「動く!商品棚」を開きます。

「動く!商品棚」もターゲットも「にぎわいバナー」同様、出し分けるターゲットの選択が可能です。今回は全顧客対象にしています。

新規作成を押して、設定名を入力してから、商品棚に並べる商品を手動で選ぶか、自動で選ぶかを選択します。

「自動」を選択した場合は、自動で表示される商品を設定します。

商品を複数見せたい場合は表示設定で表示する数と自動スライドするかしないかを選択します。

「商品棚の見出し」でストアページで表示する棚のタイトルを設定します。

レビューをチェックしておくとレビューの星の数が表示されます。

にぎわいバナー同様、設定が済んだら、「設定の保存」をクリックし、「スマートフォンサイトへの反映」ボタンをクリックします。

スマホのストアページのどの位置に反映させるかを選んで設定します。

商品棚はB-Space専用枠②に設置することにします。

優良なレビューや購入情報を見せたい場合は「にぎわいタイムライン」

実際に購入したお客様のレビューや購入情報があると、新規のお客様も安心して商品を購入することができます。

B-Space専用枠③にレビューや購入情報を設置していきます。

B-Spaceから「にぎわいタイムライン」を開きます。

今回はまだ商品レビューが揃っているわけではないので、「にぎわいタイムライン」に登録されている「にぎわいタイムラインおすすめテンプレート」を利用します。

レビューを表示するのか、いつの、どんなレビューを表示するのか選択できます。

購入情報の表示内容や注文時のメッセージの設定ができます。レビューや購入情報が少ない場合はYahoo! JAPANのキャンペーンを表示にチェックを入れておくとよいでしょう。

レビューや購入情報をスライドさせるかどうかなどの表示設定、見出しを入力します。

他のサービス同様、設定が済んだら「設定の保存」をクリックし、「スマートフォンサイトへの反映」ボタンをクリックします。

残っているB-Space専用枠③に設置します。

これですべてのB-Space専用枠ににぎわい演出が設定できました。

こんなに簡単に商品やキャンペーン情報を盛り込んだストアページができるんですね!
もっと早くスマホ対策しておけば良かったーーーー

まとめ

今回はB-Spaceを使ったYahoo!ショッピングストアのスマホ・アプリ版のストアページの作り方について詳しく説明しました!

B-Spaceは業界で唯一スマホ・アプリ・PCに完全対応しているネットショップ繁盛ツールなので、スマホ対策もすぐに実行できます。

ストアクリエイターPro上ではスマホのストアページのプレビューが見れないので、スマホ対策はついつい後回しにしがちです。

しかし、今回の記事で売上の多くはスマホ・アプリ経由であることが理解いただけたと思うので、すぐにでもスマホ対策を実施して売上アップを目指しましょう!

【関連記事】
開店したてのお店もにぎわいのあるお店に変身|B-SpaceでYahoo!ショッピングのストアページを作ってみよう!(PC 版 ストアトップページ編)
商品ページの作り込みで効果が変わる|B-SpaceでYahoo!ショッピングのストアページを作ってみよう!(PC版 商品ページ編)
共通スペースも有効活用|B-SpaceでYahoo!ショッピングのストアページを作ってみよう!(PC版 共通スペース編)

こちらの記事もどうぞ