2020年07月22日

ヤフー太郎の自社ECサイト運営奮闘記 ~前編~

この物語は、HTMLの知識もデザイン技術も持たないとあるショップの店長が、自社ECサイトを自ら作成し3カ月で軌道に乗せてしまうサクセスストーリーです。そんなバカな!と思う方も、ちょっと興味が沸いた方も、ぜひこの店長の奮闘ぶりを参考に、自社ECサイトを成功に導いてみませんか?

初日 自社ECサイトをオープンする

2020年某日。とあるYahoo! ショッピングストアの店長ヤフー太郎は考えていた。

このところ、明らかにストアへの来店客が増えている。これはさらにチャンネルを増やすことで売上UPにつながるのでは?そうだ、Yahoo!ショッピングのストアに加えて、自社ECサイトをオープンしてみよう!

自他ともに認める行動力だけが取柄のヤフー太郎店長は、早速Yahoo!ショッピングの担当者に連絡してみました。

ヤフー太郎店長「ストア以外に自社ECサイトを作ろうと思うんですが、問題ないですよね?」

Yahoo!ショッピング担当者(以下「担当Y」という)「店長、それなら、shopleap(ショップリープ)がオススメですよ!」

ヤフー太郎店長「何それ!聞いたことないんだけど、大丈夫?」

担当Y「商品情報は既存のストアのデータをそのまま流用できるんですよ」

ヤフー太郎店長「何それ、すごいですね!もっと詳しく聞かせてください!」

担当Y「はい、では説明しますね。

担当Yはshopleapの3つの特徴を教えてくれました。

・自社ドメインでの対応も可能で常時SSLにも完全対応

・Yahoo!ショッピングと商品詳細ページ、在庫、配送まで情報を一元化

・面倒な申込手続き、書類提出などが不要

ヤフー太郎店長「情報を一元化ってどういうことですか?」

担当Y「shopleapでは、Yahoo!ショッピングと同じデータを使用します。よって、一から商品を登録する必要がありません。また、商品・注文・配送・在庫などの運用はすべてYahoo!ショッピングと一括管理するため、Yahoo!ショッピングと自社ECサイトで二重運用になることが一切無いんです」

ヤフー太郎店長「デザインとか自信がないんですが大丈夫でしょうか?」

担当Y「デザインや構成に自信がない方でも簡単に作業できるのもshopleapの特徴です。豊富なテーマからお店のイメージにあったテーマを選ぶだけで簡単にお店に設定できます。また、掲載するコンテンツについても、ランキングやオススメ商品などをドラッグ&ドロップで自由自在にカスタマイズして簡単に完成させることができるのでページ作成に使う労力は少なくて済むんです」

ヤフー太郎店長「それならできそうです!やってみます!」

詳しくはコチラ→https://bspace.jp/service-shopleap.html

早速shopleapの利用手続きを行うと、ページ設定案内機能にしたがって自社ECサイトを作成開始。速攻で公開まで漕ぎつけました。 

shopleapのページ設定案内機能追加に関する記事はコチラ

add-functions

この他、ヤフー太郎店長が参考にしたブログ記事はこちら

1週間後 コンテンツを増加する

思い立って行動しあっという間に作成した自社ECサイトの公開から1週間が経ったある日。ヤフー太郎店長はふと思った。

「全然コンテンツが足りてない!」

幼い頃から向こう見ずな行動力だけが自慢のヤフー太郎店長は、0.5秒後にはshopleapの管理画面を開いていました。

ところが、コンテンツを増やそうにも何から手を付けたらいいのかわかりませんでした。するとそこへ、1本の電話が。

ヤフー太郎店長「はい、ヤフー太郎です」

担当Y「あ、ヤフー太郎店長、お世話になってます!あなたの頼れる担当Yです」

ヤフー太郎店長「今ね、shopleapのコンテンツ増やしたくて忙しいの!」

担当Y「そんな気がしてご連絡しました♪メールをお送りしたのでご参照ください、では!」

ヤフー太郎店長がパソコンを見ると、そこにはとあるブログ記事のURLが。

なんとそこにはヤフー太郎店長が知りたかったshopleapのコンテンツ増加の詳しい方法がわかりやすく解説されており、この記事を参考にヤフー太郎店長はガシガシとコンテンツを増やすことに成功しました。

shopleapのフリーページ作成方法を詳しくご紹介している記事はコチラ

how-to-make-freepage

この他、ヤフー太郎店長が参考にしたブログ記事はこちら

2週間後 ショップ情報を設定する

コンテンツも拡充し、これで売上倍増だぜ!と安心していた頃、ヤフー太郎店長の頭にふと気がかりなことがよぎったのでした。

「検索エンジンに引っかからない!

自社ECサイトをshopleapで簡単に作成し、コンテンツも充実したはずなのに、いまだに検索エンジンに引っかからないのはどうして?悩んだヤフー太郎店長は知り合いで同じくYahoo!ショッピングのストア店長をしているギャオ子さんに尋ねてみました。すると衝撃の一言が。

「ヤフー太郎君、ショップ情報の設定はちゃんとやってる?」

聞けば、shopleapなら「ショップ情報」を設定することで誰でも簡単に最低限のSEO対策を行うことができるのだとか。ヤフー太郎店長は慌ててshopleapの管理画面を開きました。

shopleapでショップ情報を設定方法を紹介している記事はコチラ

information-setting

3週間後 SEO対策を行う

ショップ設定もしっかり行い、これで検索結果にも反映されるに違いない!とヤフー太郎店長が考えていると、ギャオ子さんから連絡がありました。

「SEO対策、内部対策ももちろんやってるよね?」

ヤフー太郎店長は急いで以前Yahoo!ショッピングの担当者から教わっていたB-Spaceのブログを開き、「SEO対策」で検索してみました。

search

するとこんな記事に辿り着き、記事内容に沿って簡単にSEO対策を進めたのでありました。

「shopleap」でできるSEO対策・内部対策編

SEO

1カ月後  SNSと連携する

自社ECサイトの立ち上げから1カ月が経ち、SEO対策もしっかり行い、ヤフー太郎店長は「もうやることなんてないのでは?」と余裕を感じ始めていました。そんなある日、街のおしゃれなカフェで休憩していたヤフー太郎店長は、隣席からこんな声を耳にしたのでした。

「自社ECサイトを運営してるのにSNSやってないとか、ありえないわよねー、いまどき!」

慌ててアイスコーヒーを飲み干したヤフー太郎店長は、持っていたノートPCを開きました。すると、そこには1通のメールが。

お世話になっております。あなたの頼れる担当Yです。
自社ECサイトの公開から1カ月が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
そろそろSNSとの連携の時期かと思い、以下の記事をお伝えします。

なんとそこにはshopleapと各種SNSを連携させる方法がわかりやすく記載されているではありませんか。SNSがなんなのかもさっぱり知らなかったヤフー太郎店長でも、ゼロから知識を身に付けて、自社ECサイトとSNSを連携させることに成功したのでした。

shopleapとSNSを連携させる方法が記載された記事はコチラ

SNS

まとめ

  • 初日 自社ECサイトをオープンする
  • 1週間後 コンテンツを増加する
  • 2週間後 ショップ情報を設定する
  • 3週間後 SEO対策を行う
  • 1カ月後  SNSと連携する

自社ECサイトの作成に一大奮起したヤフー店長。shopleapを使ってあっという間にサイトを作成し、1カ月でみるみるうちにサイトを成長させました。始まったばかりの自社ECサイトの運用には、今後どんな展開が待ち受けているのでしょうか!続きは後編にてどうぞ。

続きはこちら→ヤフー太郎の自社ECサイト運営奮闘記 ~後編~

こちらの記事もどうぞ