2020年07月22日

ヤフー太郎の自社ECサイト運営奮闘記~後編~

この物語は、HTMLの知識もデザイン技術も持たないとあるショップのヤフー太郎店長が、自社ECサイトを自ら作成し3カ月で軌道に乗せてしまうサクセスストーリーです。そんなバカな!と思う方も、ちょっと興味が沸いた方も、ぜひこのヤフー太郎店長の奮闘ぶりを参考に、自社ECサイトを成功に導いてみませんか?

ここまでのあらすじ

  • 初日 自社ECサイトをオープンする
  • 1週間後 コンテンツを増加する
  • 2週間後 ショップ情報を設定する
  • 3週間後 SEO対策を行う
  • 1カ月後  SNSと連携する

ヤフー太郎店長がshopleapで作った自社ECサイトを公開しておよそ1カ月が経ちました。SNSとの連携も無事に完了し、もうやることは無いと安心して過ごしていたヤフー太郎店長に新たな試練が!

「ヤフー太郎の自社ECサイト奮闘記 ~前編~」はコチラ

1カ月半後 SNSで集客を行う

2020年某日。ヤフー太郎店長は自社ECサイトでのさまざまな設定を終え、「SNSとの連携も設定したし、やることはやった。あとは待っていれば売上はきっと、ムフフ」などとまたも余裕の表情で、近所のカフェで一息ついていました。

すると隣の席からこんな会話が聞こえてきたのでした。

「自社ECサイトでSNS連携したら情報発信しないとね。設定だけして実際にSNSに書き込みしない自社ECサイト担当がいるらしいのよ」 

ヤフー太郎店長は真っ赤になった顔をノートパソコンで隠しながら、頼りにしているB-Spaceのブログを開き、「SNS」で検索してみました。

search

するとこんな記事に辿り着き、TwitterやFacebook、さらにInstagramでの情報拡散作業を進めたのでした。

shopleap使い方講座 ~SNS連携方法〜

「shopleap」では、お手持ちのSNSアカウントの設定ができます。アカウントを設定して、SNSで自社ECサイトページの紹介コンテンツを配信しましょう。SNSで紹介することで、より多くの人に自社ECサイトページを認知してもらい、新規のお客様の獲得にも繋がります。こちらの記事では具体的なSNSアカウントの設定方法などについてご案内していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2カ月後 分析する

コンテンツの増加、ショップ情報の設定、SEO対策やSNS連携など順調に対応を行ってきたヤフー太郎店長。自社ECサイトの公開からおよそ2カ月が経とうとした頃、またも壁にぶつかってしまいました。

「次は何をしたらいいのかわからない!」

悩んだヤフー太郎店長は、知り合いで同じくYahoo!ショッピングのストア店長をしているギャオ子さんに再び相談してみることに。

ヤフー太郎店長「どうも、ヤフー太郎です。SNSもバッチリなんだけど次は何をすればいいの?」

ギャオ子「次に何をしたらいいのかを知るためには、ズバリ分析よ!」

ヤフー太郎店長「分析って?」

ギャオ子「せっかくSNSと連携して外部から自社ECサイトへ新しいお客様の訪問を増やしているのに、分析をしないなんてもったいない!」

ヤフー太郎店長「分析することで何がわかるの?」

ギャオ子「どの外部サイトからどれだけ流入しているか、SNSの投稿でどれだけ自社ECサイトのPVが増えているかなどを把握できるのよ」

ヤフー太郎店長「なるほど、分析すれば次に何をしたらいいのかがわかるんだ!」

ギャオ子「その結果をもとに、SNSでの投稿内容や投稿するタイミングを調整したり、ターゲットに応じた投稿をしてみたり、さらに効率化を図ることができるようになるわよ」

早速ヤフー太郎店長はshopleapの管理画面から自社ECサイトの分析に取り掛かり、外部サイトやSNSからの流入がどれくらいあるか調べました。また、Googleアナリティクスの設定も行いました。

▼Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。トラッキングIDという文字列をページに設定することでアクセス解析ができます。shopleapではトラッキングIDを簡単に設定できるので、より広範な分析を行えます。

▼設定方法

shopleap管理画面の「マーケティング」-「サイト分析」より設定できます。

analytics

2カ月半後 広告を出稿する

自社ECサイトの公開から2カ月半が過ぎ、すっかり自社ECサイトの分析マニアと化したヤフー太郎店長はあることに気づきました。それは、

・新規のお客様の購入が増えている!
・もっと新規のお客様の訪問を増やす施策を追加しよう!

そこで、ヤフー太郎店長はひらめきました。

「そうだ、広告を出そう」

新規のお客様訪問時には売上がアップしているという分析データをもとに、ヤフー太郎店長は社内の広告予算を自社ECサイトのために使うよう早速稟議申請。shopleapやGoogleアナリティクスを用いた説得力のある数字データにより、無事に広告予算を獲得したのでした。

ヤフー太郎店長は、担当Yと相談してYahoo!ショッピングへの広告出稿を開始。すると予想どおり売上がアップ!この結果をもとに、さらにネット広告予算を獲得したヤフー太郎店長は、TwitterやFacebook、LINEにも広告出稿を開始して、常に新規のお客様が訪問できる環境をつくりあげました。

▼Yahoo!ショッピングの広告出稿についてはコチラをご参照ください。

3カ月後  コンテンツをさらに拡充する

自社ECサイトの公開から3カ月が経ち、すっかり広告運用の鬼と化したヤフー太郎店長は、とある仮説を立てました。

・せっかく自社ECサイトに訪れるお客様が増えているのに、滞在時間が少ない。
・情報量が不足しているのでは?!もっとコンテンツを拡充すべき。
・1人あたりの滞在時間とPVを増やし、商品ページへの導線を増やせば売上はさらにUP

そこで、ヤフー太郎店長はひらめきました。

「そうだ、商品に関する動画を載せよう

これで売上アップに違いない!と喜んだ矢先、shopleapの自社ECサイト上に動画を乗せる方法がわからないヤフー太郎店長はまたもや壁にぶつかるのでした。そんな時、Yahoo!ショッピングの担当者からまたもや1通のメールが。

「shopleapに動画コンテンツ表示機能が追加されました」

なんと、shopleapなら簡単に動画コンテンツをページ内に表示できるとか。大喜びのヤフー太郎店長は、その日のうちにサクサクと主要な商品の紹介ページを作成し、関連動画を大量に掲載するのでした。

shopleapで動画を掲載する方法を紹介している記事はコチラ

movie

3カ月半後 SNSでも話題に

サイト公開から3カ月半が経った頃、自身で自社ECサイトを育てあげてきたヤフー太郎店長は、またもや近所のカフェで一息ついていました。コンテンツの拡充や動画の掲載、SNSの運営も経験を積んで安定した流入を得ていました。

すると隣席からこんなヒソヒソ話が。

「ねぇ、このECサイト最近熱いんだけど。すごい中身が充実しててさ、商品説明も丁寧だし、なんかセンス良くって、ついつい買っちゃうのよ」

「あ、それワタシも知ってる!SNSでも話題よね!」

なんと、彼女たちが話題にしているのは、ヤフー太郎店長が運営する自社ECサイトのことでした。ヤフー太郎店長は慌ててSNSを開き、こうつぶやいたのでした。

「カフェで隣りのOLさん達が、俺のサイトの話題で持ち切りナウ!(嬉し涙)」

それから、ヤフー太郎店長はますます自社ECサイトの拡充と売上UPに目を輝かせて邁進するのでした。

-完-

まとめ

  • 1カ月半後 SNSで集客を行う
  • 2カ月後 分析する
  • 2カ月半後 広告を出稿する
  • 3カ月後  コンテンツをさらに拡充する
  • 3カ月半後 SNSでも話題に

いかがでしたでしょうか。ヤフー太郎店長の自社ECサイト立ち上げからのサクセスストーリー。同じ悩みを抱えるストア担当者の方もそうでない方も、ぜひ自社ECサイト運営にチャレンジしてみてください。

shopleapを利用するにはB-Spaceの導入が必要です。
なんとshopleap以外にも便利なYahoo!ショッピング運営効率化機能が付いて月額10,000円!

しかも全ての機能が初月限定無料なので、まずはトライしてみる価値ありです。
詳細は以下よりご覧ください。

※B-Spaceに関するお問い合わせは、当ブログ右上「B-Spaceのお問い合わせ」より、ストアアカウントを添えてご連絡ください。

こちらの記事もどうぞ