2021年05月30日

初めてでも簡単!アイテムマッチ広告出稿「まずは出してみよう」

集客に欠かせないYahoo!ショッピング出店者向け広告「アイテムマッチ」。

広告出稿と聞くと、設定や運用が難しいイメージがありますが、「アイテムマッチ」は初めてでも簡単に利用できます。

今回は「アイテムマッチ」の広告出稿の流れをわかりやすく解説していきます。

■この記事のポイント

  • アイテムマッチの広告設定は簡単3ステップ
  • アイテムマッチを利用するためにはストアマッチのアカウントが必要
  • 広告予算を入金設定したら、約10分で広告設定が完了

ヤフー太郎店長とともに、初めての広告出稿を行ってみましょう!

Yさん!必要な訪問者数や広告予算もわかったので、いよいよアイテムマッチを利用してみたいです!

わかりました!アイテムマッチの設定は簡単です。一緒に設定していきましょう。その前にヤフー店長、ストアマッチのアカウントが必要ですよ。

まずはアカウント登録から

さっそくアイテムマッチを使ってみましょう。

アイテムマッチの広告設定を行う前に、ストアマッチアカウントはお持ちですか?

既にストアマッチアカウントをお持ちの方のログインはこちらよりログインして、この記事内の「広告を設定してみよう」に進みましょう。

まだお持ちでない方は、アカウントの登録をしましょう。以下のバナーより申込をお願いします。

アカウント登録方法

申込画面に移動すると、以下のトップページより「アカウント登録」をクリックします。

ストア情報を入力していきます。ストアアカウントにはストアアカウントまたはYahoo!JAPANIDを入力します。※印は必須項目です。

入力したら「確認画面へ」をクリックします。

入力した内容を確認して、問題なければ「この内容で登録する」をクリックします。これで新規お申し込みが完了します。

このあと、自動審査に通過した場合は初回入金画面が表示されます。

広告を設定してみよう

広告の設定手順は以下の3ステップです。

  1. 予算を入金する
    入金方法は前払いの入金方法の説明です。
    ※ストアクリエイターProでストア開店日が「2013年10月27日」以前なら後払い、以降なら前払いです。
  2. 予算上限を設定する
  3. 入札設定をする

1.予算を入金する

まずはアイテムマッチに広告予算を入金しましょう。約3分で予算の入金設定ができます。

アイテムマッチにログインし、管理画面の「ストアマッチ」タブから「予算」をクリックします。

「予算を追加する」をクリックします。

「決済方法」を選択し、入金金額の欄に予算(税込)を入力します。

■決済方法別の利用方法

オートチャージによる入金
クレジットカード情報を登録し、ある一定の予算残額に達したら任意の金額を自動的にチャージする入金方法 ▶利用方法はこちら

前回と同じカードからの入金
登録しているクレジットカード情報から行う入金方法 ▶利用方法はこちら

新たにクレジットカード情報を入力して入金
登録していないクレジットカードを手元に用意して行う入金方法 ▶利用方法はこちら

PayPay銀行振り込みによる入金
銀行振り込み(前払い)による入金方法 ▶利用方法はこちら

2.予算上限を設定する

予算管理の画面にて、「予算上限設定を変更する」をクリックします。

予算上限設定の画面にて「設定する」の状態で予算を入力し、「予算上限を設定する」をクリックします。

ここで入力する予算は月次の広告予算金額を入れておくと良いでしょう。この予算上限を超えて使われることはないので、安心ですね。

アイテムマッチは均等配信という仕組みです。
例えば、月次予算上限を30,000円に設定した場合、
30,000円÷30日=1日1,000円のペースで配信されます。

広告予算の決め方は以下の記事を参考にしてください。
広告予算を決めよう!目標に合わせた広告予算の設定方法

月次の広告予算上限の変更が完了し、入金の設定ができました。予算管理の画面にて金額を確認してください。

3.入札設定をする

次はアイテムマッチで広告を掲載するための入札設定を行っていきます。約10分でアイテムマッチの入札設定ができます。

アイテムマッチには「個別入札」「全品指定価格入札」「全品おまかせ入札」の3種類の入札方法があります。

初めてアイテムマッチを利用する場合は、1品からでも入札できる「個別入札」がおすすめですので、ここでは「個別入札」の方法を説明していきます。

入札設定のコツを押さえておきましょう!
・購買率(CVR)の高い商品から設定する
・設定する商品のプロダクトカテゴリ設定を適切に行う

「個別入札」方法

「ストアマッチ」>「アイテムマッチ」タブにカーソルを合わせ、プルダウンメニューから「個別入札」>「商品選択」を選択します。

個別入札の設定にて、「リストから選択」をクリックします。

「大カテゴリ選択」「サブカテゴリ選択からそれぞれカテゴリを選択し、「選択」をクリックします。

この時に広告設定したい商品にプロダクトカテゴリが設定されていないと、商品が探せないので、商品登録で適切なプロダクトカテゴリを設定しておきましょう。

表示されているリストから商品を選択します。チェックボックスがオンになり、緑枠で表示されますので、「この商品に決定」をクリックします。

これで「個別入札」の商品が決まりました。

入札価格を決める

アイテムマッチで個別入札する商品を決定したら、入札価格を決めて、入力します。

入札金額入力画面では、「現在の最高金額」「入札価格8位以内に入札する金額」が表示されて入札価格の提案がされていますが、初めての場合、入札価格はカテゴリー最低入札単価+10円で設定することがおすすめです!

「入力金額の確定」をクリックし、入札設定完了です。

■カテゴリ別最低入札価格の一覧

これで配信がスタートされます。

初めての場合は結果が出るまでに少し時間がかかります。まずは1カ月広告出稿をしてみて、振り返りをしましょう。

まとめ

いかがでしたか?初めての方でも簡単にアイテムマッチの設定ができたのではないでしょうか。

最初に予算の設定をしておけば、アイテムマッチの入札設定は、管理画面上で選択していくだけなので、約10分で完了します。

購買率の高い商品など売れそうな商品、売りたい商品をピックアップして、どんどんアイテムマッチを利用していきましょう。

配信結果もすぐにレポートで確認できます。Yahoo!ショッピングの検索結果やカテゴリリストページからどのくらいストアに誘導されるのか、効果検証もしていきましょう。

アイテムマッチについてさらに知りたくなった方は以下の記事も参考にしてください。

【関連記事はこちら】
「アイテムマッチ」って何なん?集客に欠かせないアイテムマッチおすすめ理由を徹底解説
売上目標を決めよう!ー目標の立て方 事例紹介ー
Yahoo!ショッピングの集客の仕組みを理解しよう!効果的な来店促進とは?
アイテムマッチの効果的な入札方法「全品指定価格入札」×「個別設定」を徹底解説

こちらの記事もどうぞ