2021年05月11日

「アイテムマッチ」って何なん?集客に欠かせないアイテムマッチおすすめ理由を徹底解説

Yahoo!ショッピングで売上を上げるためには、まずたくさんの人に訪問してもらい、商品を見てもらう必要がありますよね。リアルな店舗と同様でネットショップでも、まず訪問してくれるお客様の数が必要です。

そのためには、Yahoo!ショッピング内にある多くのストア様から自分たちのストアを選んで、訪問してもらうようにしなければいけません。

お客様に訪問してもらう方法として「広告を出す」ことが考えられますが、広告の効果や費用がどのくらいなのか不安な方も多いと思います。

そこで今回は、広告初心者にもおすすめなYahoo!ショッピング出店者向け広告「アイテムマッチ」についてわかりやすく説明します!

■この記事のポイント

  • アイテムマッチの専用枠は検索結果など、集客力◎
  • アイテムマッチの登録は簡単3ステップ、約1分で完成
  • アイテムマッチは1クリック10円~、低予算で広告が始められる
  • 初心者にはPRオプションよりアイテムマッチがおすすめ

広告利用について悩むヤフー太郎店長とともに、理解を深めていきましょう。

Yさん、広告初心者には「アイテムマッチ」がおすすめって聞いたんですけど、「アイテムマッチ」ってどこがいいんですか?

「アイテムマッチ」がオススメな理由は大きく3つあります。

1.購買率の高い場所に商品が掲載される
2.広告設定が簡単!3ステップ
3.クリックされない限り広告費用はかからない

もう少し具体的に説明していきますね。

1.購買率の高い場所に商品が掲載される

Yahoo!ショッピングユーザーの約8割は検索経由からお買い物をしています。

アイテムマッチのメリットは何といっても、検索結果に自分たちの商品が掲載できることです。

アイテムマッチを使うと簡単に検索結果、カテゴリリストページに商品を掲載できるので、購買意欲のあるお客様に見てもらえます。検索対策(SEO対策)も一緒に行うことで、さらにたくさんのお客様に見てもらう機会が増えるでしょう。

アイテムマッチ専用枠は検索上位に匹敵するような位置にあるので、お客様と商品のマッチングとしては最適な場所と言えます。

PC版だけでなく、スマホやアプリ版も同様に専用枠が設けられています。

■PC版

初心者でも簡単に広告を作れる!アイテムマッチを始める3ステップ

■スマホ・アプリ版

商品の掲載で露出が増えるメリット

アイテムマッチで商品の掲載で露出が増えると以下のメリットがあります。

  • クリック数(訪問客数)が増える
  • 商品スコアがあがる
  • 閲覧履歴に残る

クリック数(訪問客数)が増える

検索結果、カテゴリリストページに自分たちの商品が掲載され、購買意欲のあるお客様にたくさん見てもらえるので、クリックされる機会も増えます。

アイテムマッチから自分たちの商品ページにお客様が訪問されるので、売上アップも期待できます。

アイテムマッチでは商品画像自体が広告になるので、広告専用バナーは不要です。クリック数(訪問客数)をさらに増やすためには、クリックしたくなるような商品画像も準備しましょう。

商品スコアが上がる

例えば、売上実績ができると商品スコアも上がります。

商品スコアは簡単にいうと「お客様からの反応を数値化したもの」です。

アイテムマッチからの誘導に加えて、検索対策(SEO対策)でさらに訪問者数が増えると売上実績につながるので、結果として商品スコアも上がります。

商品への反応が高まり商品スコアが上がると、その商品がYahoo!ショッピング内で上位に表示されるようになり、好循環が作れます。

閲覧履歴に残る

例えば、クリックされて購入に至らなかったとしても、クリックされることでお客様の閲覧履歴に商品が残ります。

閲覧履歴に残りさえすれば、引き続きお客様の目に留まるところに商品が出てくるので購入される機会が残ります。

2.広告設定が簡単!3ステップ

2つ目のメリットはアイテムマッチの広告設定はたったの3ステップでできることです。

まずは広告設定する商品(特定の売りたい商品にするのか、全商品にするのか等)を決めておきます。

そのあとは以下の3ステップ、約1分で設定ができます。

【アイテムマッチ設定の3ステップ】

  1. 掲載したい商品のカテゴリーを選択
  2. 商品を選択
  3. 入札をする

3.クリックされない限り広告費用はかからない

Yさん、「アイテムマッチ」を試してみたくなりました!ただ、費用が気になります。どのくらいの効果が得られるかもわからないし・・・ぶっちゃけどうなんでしょう?

アイテムマッチはクリック課金型広告なのでクリックされない限り費用が発生しません。
クリックされるとお客様はストアの商品ページに遷移するので、訪問してはじめて費用が発生します。

アイテムマッチでかかる費用は?

アイテムマッチでかかる費用は、1クリックの入札単価×クリック数です。

入札単価は、1クリックあたりの価格です。入札単価は10円(カテゴリによっては15円)から設定でき、少額でも始められます。

カテゴリ毎の最低入札単価は以下のとおりです。

あらかじめ予算を設定できるので使いすぎる心配はありません。

例えば、広告予算上限を5,000円にした場合、以下のように訪問客数が見込めます。
・入札単価を10円にすると、500クリック(訪問客数500人)
・入札単価を20円にすると、250クリック(訪問客数250人)

入札単価の設定のコツは、ライバル店より上位で掲載されるために入札単価の提案価格より少し高めに設定することです。

なるほど。広告予算の上限が決められて、少額でできるんだったら一度試してみる価値はありそうですね。

初心者にはPRオプションよりアイテムマッチがおすすめ

同じYahoo!ショッピング出店者向け広告の「PRオプション」と「アイテムマッチ」はどう違うんですか?どちらがいいんですかね?

「PRオプション」と「アイテムマッチ」はどちらも検索結果ページに商品を表示するという点で似ていますが、広告を利用したことがないストア様には、やはり「アイテムマッチ」の方がおすすめです。

「PRオプション」は独自の審査基準があり、一定の売上実績が必要なので全てのストア様が利用できるとはかぎりません。

それに対して、「アイテムマッチ」は出店したばかりのストア様でも利用でき、広告予算が少なくても始められます。

とはいえ、「PRオプション」と「アイテムマッチ」を一緒に活用することでさらに有効な検索対策になるので、まずは「アイテムマッチ」で売上実績を作って「PRオプション」の権限も獲得しましょう。

アイテムマッチのお申し込み、アカウントの発行は無料です。
アイテムマッチをはじめる

まとめ

今回は集客施策として、広告初心者におすすめの広告についてご紹介しました。

アイテムマッチを利用すると、出店したてのストア様でもYahoo!ショッピングの検索結果ページに表示ができる点は魅力的ですよね。売りたい商品に広告費を集中投下できるので、入札価格次第ではライバル店の商品より上位に掲載されます。

広告初心者でも広告予算の上限が設定できるので、安心して広告運用ができます。まずはイチオシの商品から、アイテムマッチを試してみてはいかがでしょうか。

アイテムマッチの登録はこちら

【関連記事はこちら】
売上アップ25倍を実現! 担当営業に聞く!アイテムマッチ活用ポイント【Yahoo!ショッピング】
初心者でも簡単に広告を作れる!アイテムマッチを始める3ステップ
知らないなんてもったいない!PRオプション活用法

こちらの記事もどうぞ