2020年06月03日

自社ECサイトの検索順位を上げるためには~「shopleap」でできるSEO対策・内部対策編~

B-spaceの新サービス「shopleap(ショップリープ)」は皆さまご活用いただけておりますでしょうか?

「shopleap(ショップリープ) 」で夢の自社ECサイトを開設したけど・・・
どうしたらユーザは訪問してくれるの?
自社ECサイトの検索順位ってどうしたらあがるの?
そんなお悩みございませんか?

自社ECサイトのアクセス数UPを目指しているストア様
今後自社サイトの構築を検討中のストア様
必見です!!!

今回は「shopleap(ショップリープ)」でできるSEO対策を2弾に分けてお伝えします!

SEO対策ってなに?

一般的に「SEO対策」とは、Yahoo!やGoogleなどの検索結果で、上位に表示させるために行う対策と言われています。

「SEO対策」の「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語です。

日本語で訳すと「検索エンジン最適化」となります。

つまり検索結果で上位表示させるためには「検索エンジン」の対策が必要となります!

「SEO対策」の具体的な対策は2種類に分かれています。

内部対策」と「外部対策」です。

内部対策とは
サイトの訪問者だけでなく、検索エンジンが分かりやすいページの内容をつくる対策です。

外部対策とは
SNSなどでコンテンツを配信し、多くの人に認知していただくことで、サイトの信頼性を高くするための対策です。

それでは、「shopleap(ショップリープ)」でできる「SEO対策」
第1弾「内部対策」第2弾「外部対策と分析」の2部構成でお届けします!

それでは早速「内部対策」からご紹介!!

内部対策①shopleap管理ツールで「タイトル」の設定

「タイトル」とは
ページのタイトルを検索結果に表示させるために設定するタグのことです。
そのほかにもブラウザやブックマークしたときのタイトルにも表示されます。

「タイトル」は検索で一番に目に留まりますし、タイトルがないと、検索に表示がされないこともありますので、SEO対策でも重要な設定です!

必ず登録をしましょう!
「タイトル」では、ストア名のあとに【公式】などをつけると、ユーザの安心感も得られるはずです!

▼Yahoo!やGoogleで検索した際の検索結果

▼ブラウザのタブ部分のタイトル表示

ブックマークのタイトル表示

「shopleap(ショップリープ)」の「タイトル」設定方法

【トップページ】

①左側のメニューから[各種設定]を選択
②[ホームページタイトル]覧に入力
③[更新する]ボタンを押す

【商品一覧ページ】

検索方法に応じて、「shopleap」ではタイトルは自動で設定されます。
そのため、ストア様の設定は不要です!

▼タイトル表示例

キーワード検索キーワード | ショップ名 | ホームページタイトル
カテゴリ検索カテゴリ名 | ショップ名 | ホームページタイトル

【フリーページ】

「shopleap」で作成したフリーページも「タイトル 」の設定ができます。

表示は[フリーページタイトル| ショップ名]となります。

①左側のメニューから[フリーページ]を選択
②フリーページを編集し[ページの設定]を押す
③[ページタイトル]覧に入力
④[保存]ボタンを押す

「タイトル」設定は以上で終了です!
まずは「SEO対策」の第一歩として、「タイトル」を設定しましょう!

内部対策②「shopleap」管理ツールで「メタディスクリプション」の設定

メタディスクリプション」とは
ページの説明文を検索結果に表示させるために設定するタグのことです。

皆さんも一度は目にしたことがあるかと思いますが、Yahoo!やGoogleなどの検索結果ページに表示される赤枠部分の説明文が「メタディスクリプション」の設定です!

検索結果をみた際に、どのような商品を扱っているサイトかをお伝えすることができます。

説明文はユーザーが検索結果一覧を見た時に、競合サイトよりもあなたのサイトをクリックしたくなるような内容にすることが大切です。

簡潔でシンプルな文章を目指しましょう!

「shopleap(ショップリープ)」の「メタディスクリプション」設定方法

①左側のメニューから[各種設定]を選択
②[メタディスクリプション]覧に入力
③[更新する]ボタンを押す

操作はとっても簡単ですので、ぜひ「メタディスクリプション」の設定をしてみてください!

内部対策③shopleap管理ツールで「ファビコン」の設定

ファビコン」とは 
Webブラウザのタブに表示されるアイコンのことです。
ブックマークスマートフォンの検索結果にも表示されます。

ブラウザのタブ部分のファビコン表示

ブックマークのファビコン表示

スマートフォンの検索結果のファビコン表示

一般的には、ファビコンの設定は直接的な「SEO対策」の効果はありませんが、ファビコンが設定されているサイトの方が、ユーザに対して信頼できるサイトの印象を与えることができます。

「shopleap(ショップリープ)」の「ファビコン」設定方法

①左側のメニューから[各種設定]を選択
②[ファビコン]の「画像を選択」より画像を設定します。
  推奨サイズ:幅32ピクセル、高さ32ピクセル
  ファイルサイズ:2メガバイト以下のGIF、PNGまたはJPEG画像
③[更新する]ボタンを押す

「ファビコン」の設定も簡単ですので、ぜひ画像を用意して登録してください!

内部対策④サイトページの画像には説明文を追加する

「SEO対策」で重要なのは、サイトがどれだけ有益な情報を提供しているかという点です!

画像を使用したサイトページはユーザにとって分かりやすい、ページとなりますが、SEOの評価では、画像データよりも文章データが優先的にチェックされます!

また画像データだけでは情報不足と認識してしまうので、画像に対する説明文は必ず記載しましょう!

操作方法もとっても簡単!
画像のコメント入力機能はこちらで紹介していますのでご覧ください!

内部対策⑤shopleap搭載機能~パンくずリスト~

パンくずリスト」とは
サイトを訪れたユーザが今サイト上のどのページにいるかを視覚的にわかりやすくしたリンクのことです。
「SEO対策」としても、サイトの構造を分かりやすくすることはとても重要と言われています。

パンくずリストの設定は、「shopleap」では自動表示機能が搭載しております!
そのため設定は不要です!

▼パンくずリストの表示イメージ

shopleapのページ構成は以下のような階層構造となっており、それがわかるように各ページのにパンくずリストを表示しております。

よりユーザーに分かりやすいカテゴリ設定となるよう心がけましょう!

内部対策⑥shopleap搭載機能~その他~

shopleap(ショップリープ)では、「SEO対策」に重要な以下機能も搭載しております。
すべて自動で設定されているので、設定は不要です!
参考までにご紹介させていただきます。

canonicalタグ
URL正規化を行うためのタグです。
検索エンジンはURL単位でページを認識するため、異なるURLで同一のページを表示する動作を行っていた場合に、重複コンテンツとみなされて検索エンジンからマイナスの評価を受ける可能性があります。
canonicalタグを入れることにより、以下のような異なるURLでも同一ページとして認識させることができます。

sitemap.xml
「sitemap.xml」は検索エンジンにこのサイトにどんなページがあるかを一覧で伝えることができるファイルです。
「shopleap」ではページを増やすと自動で更新されます。新規で作成したページはなかなか検索エンジンに見てもらえないケースもありますが、「sitemap.xml」があることで見てもらえるチャンスが増えるというといわれています。

robots.txt
「robots.txt」はクローラーに対してサイト内ページの巡回をブロックするのか、または許可するかどうかを記述して知らせます。
エラーページや、ストア準備中ページなどクローリング対象外とするページを記述することによって、これらのページに対するクローリングの制御をすることができます。

内部対策⑦shopleapのフリーページ機能を利用しよう

shopleapには、フリーページの作成機能があります!

特定の商品を紹介するキャンペーンページや特集ページ、ブログ記事をshopleapのフリーページ機能を利用して作成してみてはいかがでしょうか。

ページを増やすことで、検索結果に表示されるチャンスが増えます!

まとめ

shopleapでできる、SEO対策の内部対策のご紹介をさせていただきました。
いかがでしたでしょうか。

簡単にできる設定もたくさんあったかと思います!
ぜひ早速実践してみてください!

またSEO対策記事の第2弾「外部対策と分析編」も公開予定です!
そちらも参考にしてみてください。

今後も「shopleap(ショップリープ)」はより簡単に自社ECサイトの開設ができるサービスを目指し、どんどん進化予定です!

shopleap(ショップリープ)サービス詳細はこちら

shopleap(ショップリープ)とは】

夢の自社ECサイトが最短10分で開設できる驚きのツールです!!

「shopleap(ショップリープ)」はB-Spaceの使い放題プランをご契約いただいているお客様がご利用いただけます。

Yahoo!ショッピングと商品・在庫・配送が一元化されているため、複雑な手続きや書類提出など一切不要です!

「shopleap(ショップリープ)」を使って自社ECサイトを開設し、Yahoo!ショッピングと並行運用で、売上の最大化を目指しましょう!

ますます便利に進化するB-Spaceを、 今後とも何卒よろしくお願いいたします。

※B-Spaceに関するお問い合わせは、当ブログ右上「B-Spaceのお問い合わせ」より、ストアアカウントを添えてご連絡ください。

こちらの記事もどうぞ

お申込はコチラ※初月無料特典実施中! 導入の合相談お問い合わせはコチラから