2021年09月13日

効果の高いおすすめクーポン施策はコレ|一括定期キャンペーンを設定してみよう

クーポンのキャンペーン設定って、イベントのたびに設定するのは結構大変ですよね?

クーポンの設定期間が終了していて、いつのまにか配信が止まっているということも起こり得ます。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト) には一度に複数のクーポンを設定できる「一括定期キャンペーン」という設定方法があり、一度設定したら定期的に指定されたクーポンを配信してくれるので、設定の手間も大幅にカットでき、配信し忘れによる売上の機会損失も防げます。

そこで今回は、一括定期キャンペーンの優れている点のご紹介と、おすすめの設定や具体的なクーポン設定方法まで詳しく解説していきます。

■この記事のポイント

  • 一括定期キャンペーンはあらかじめ効果の高い対象者、効果の高い期間に絞ったキャンペーンが用意されている
  • 一括定期キャンペーンは毎回設定する必要がない
  • 一括定期キャンペーンはイベントに合わせて自動でクーポンが発行される
  • 一括定期キャンペーンは通常キャンペーンとの併用も可能

Yさん、毎回クーポンの設定に手間がかかってしまうんですが、何かいい方法ないですか?

それなら一括定期キャンペーンがおすすめですよ!

一括定期キャンペーンはクーポン施策の中でも、効果の高い対象者や期間があらかじめ用意されているんです。
クーポンが定期的に発行されるので、クーポンの設定し忘れを防ぐことができますよ!

私も何回かクーポン設定し忘れてしまって、目標売上が達成できなかったことがあります。

よくあるお悩みのひとつなんですよ。さっそく詳しく説明しますね!

一括定期キャンペーンはここがすごい

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の一括定期キャンペーンの優れている点は、複数のクーポンをまとめて設定できることがまず挙げられますが、その他にも多くの利点があります。

今回は3つの優れたポイントをご紹介します。

  1. あらかじめ効果が高いセグメント(対象者)が用意されている
  2. 効果の高い期間・イベントに合わせて毎回クーポンが自動発行されるので、効率が良い
  3. 毎回設定する必要がないので、運用がラク

1.あらかじめ効果が高いセグメント(対象者)が用意されている

一括定期キャンペーンでは、11種類のセグメントによるクーポンが発行できます。

Yahoo!ショッピングで効果の高いセグメント(対象者)・期間に絞られている、かつ効果の高い順で並んでいるため、配信対象に迷われるストア様も安心です。

2.効果の高い期間・イベントに合わせて毎回クーポンが自動発行されるので、効率が良い

Yahoo!ショッピングでの定期的なイベント日には多くのユーザーが訪問するので売上が伸びるチャンスです。

一度設定すれば、人気のある5のつく日ぞろ目の日(11日、22日)に合わせて自動でクーポンが発行されるため、売上の機会損失が防げます。

また購買率の高いユーザー(ソフトバンクスマホユーザーやYahoo!プレミアム会員、Yahoo!JAPANカード会員)に絞っているため、クーポンの効果も高くなります。

集客効果の高いタイミングに、購買率の高いお客様にクーポン発行されるので、効率が良い施策が打てます。

3.毎回設定する必要がないので、 運用がラク

一括定期キャンペーンは、一度設定してしまえば自分で設定した配信終了日まで自動的に発行されます。

毎回設定する手間を省くことができ、クーポン発行し忘れも防げるのでとても便利な機能です。

一括定期キャンペーン目的別おすすめ設定

一括定期キャンペーンの設定の中から、ストアの目的に合わせておすすめの設定を選んでみました。

一括定期キャンペーン

セールやキャンペーンでとにかく売上を伸ばしたい

セールやキャンペーンでとにかく売上を伸ばしたい場合は、お客様が集まるタイミングに購買率の高いお客様を狙ってクーポンを発行することです。

■おすすめキャンペーン

①5のつく日&ぞろ目の日+ソフトバンクスマホユーザー
②5のつく日&ぞろ目の日+Yahoo!JAPANカード会員
③5のつく日&ぞろ目の日+Yahoo!プレミアム会員

Yahoo!ショッピングの定番イベントである5のつく日ぞろ目の日には毎回モール全体のPVや売上が大きく伸びます。

元々付与ポイント率の高いソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアム会員は購買率も高いので、イベントのタイミングで、自ストアに集客できると売上を伸ばせます。

継続的に売上を伸ばしたい(リピーターを増やしたい)

継続的に売上を伸ばしたい場合は、既存のお客様も新規のお客様にも喜んでいただけるクーポンを発行しましょう。

■おすすめキャンペーン

④バースデー

バースデーはクーポンの中でも利用される確率の高い対象者の1つです。

また、既に購入したことのあるユーザーに向けても配信するので、バースデークーポンを利用してもらえるとその後もリピーターになってもらえ、継続して売上につながる可能性が高くなります。

一括定期キャンペーンでバースデークーポンを発行すると、Yahoo!ショッピングのバースデー特設ページに掲載される可能性もあるので新規のお客様の獲得も可能です。

バースデークーポンについては以下の記事をご参照ください。
バースデー期間が狙い目!一括定期キャンペーンおすすめ利用法

新規のお客様を獲得したい

新規のお客様を獲得していきたい場合は、未購入者に限定したキャンペーンがおすすめです。

■おすすめキャンペーン

⑤未購入離脱者プッシュ施策
⑥ソフトバンクスマホユーザー×未購入
⑨Yahoo!プレミアム会員×未購入

未購入離脱者は、以前ストアの商品に興味を持って訪問したものの、購入には至らなかったユーザーですので、クーポンを発行することで購入につながる可能性が高くなります。

未購入離脱者より購買率は低くなってしまうかもしれませんが、6番と9番のソフトバンクユーザー、Yahoo!プレミアム会員で未購入者も有効です。

まずは設定してみよう

一括定期キャンペーンの設定は、キャンペーンの新規登録から使いたいキャンペーンを選ぶだけなので、最短1分で設定できます。まずは設定してみましょう。

複数のクーポンをまとめて設定することもできます。

一括定期キャンペーンの設定方法

一括定期キャンペーンはSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の右メニューにある「キャンペーン登録」の「一括定期キャンペーン登録」から設定できます。

一括定期キャンペーン登録

キャンペーンを一覧から選択する

次に、キャンペーンを選択します。

キャンペーンにチェックが入っていると選択している状態です。

選択を外す場合はチェックボタンをクリックしてください。選択が終わったら、「キャンペーン内容を設定する」ボタンをクリックして次に進みます。

キャンペーンは効果の高い順で並んでいます。人のマークは配信数の目安になるのでこちらもチェックしましょう。

クーポン設定

キャンペーンの登録でチェックを入れた複数のキャンペーンを一緒に設定できます。

まずは上からキャンペーンごとにクーポンの内容を設定していきます。

値引き

「値引き」の項目は、定額値引き・定率値引き・送料無料から選び、値引き額もしくは値引き率などを設定します。

キャンペーンによってクーポン値引き額に強弱をつけるとより効果的です。

(例:500円引き、10%引き、送料分無料)

注文金額/個数条件

注文金額に応じてクーポンを利用できるような条件を設定することもできます。客単価、商品単価を上げたいときには有効です。

(例:5,000円以上でクーポン利用可、3個以上のお買い物でクーポン利用可)

併用可否

「併用可否」の項目は、他のクーポンとの併用ができるかどうかを設定します。

他のクーポンとの表示順については以下のページをご参照ください。
クーポンの表示順について(STORE’S R∞・PRO併用)

利用可能回数

「利用可能回数」の項目は、ユーザーごとと全ユーザーでの利用可能回数を指定する場合に数字を入れます。

1人当たりの値引き金額を目安に設定したり、クーポン予算以上使いたくない場合に設定するとよいでしょう。

2つ目以降のクーポン内容設定

2つ目以降の施策の登録は値引き条件を設定していくだけです。

最初のキャンペーンの条件と同じにするか、個別に設定するかを選んで設定していきます。

チェックした複数のキャンペーンの値引き条件を設定し、登録していきます。

配信日設定

すべての施策の設定が終われば、配信日を設定します。

開始日と終了日を選びます。開始日は「最短で作成する」のか「来月から作成する」のか選びます。

ずっと継続していく場合は終了日未定で設定しておきます。

「この条件で設定する」をクリックして確認画面に移ります。

設定の確認

最後にまとめて複数のキャンペーンの設定を一覧で確認します。

「クーポン設定」「配信日設定」を確認します。変更点があれば右端の変更の項目から「変更する」をクリックし、変更します。

キャンペーン基本情報を確認

キャンペーンの基本情報を確認し、「設定」を押して登録完了です。

登録完了後は、一括定期キャンペーン管理画面が表示されるので、登録したキャンペーンが以下画像のように継続になっているかを確認してください。

一括定期キャンペーン登録後は、一括定期キャンペーン管理画面の次回自動発行日に表示された日時(配信日の3日前)になると自動でキャンペーンが発行され、設定した終了日まで配信が継続されます。

一括定期キャンペーンの登録ってとっても簡単ですね!

一括定期キャンペーンと通常キャンペーンの併用

一括定期キャンペーンは全商品にしかクーポン発行できませんが、強力に推したい商品があれば、通常キャンペーンで個別に登録することでき、併用が可能です。

また、クーポン利用の優先順位を決めることができます。

「通常キャンペーン管理」ページの左上にあるキャンペーンの優先順位変更ボタンをクリックします。

一括定期キャンペーンにより作成されたキャンペーンは優先順位が固定され、上下の入れ替えができません。

通常キャンペーン登録の条件を優先させたい場合は一括定期キャンペーンの上か下に通常キャンペーンの優先順位を変更することはできます。

※一括定期キャンペーンの間に入れることはできません。


優先順位の変更方法についてはこちら

まとめ

今回は、一括定期キャンペーンの特徴とおすすめの設定、具体的なクーポンの設定方法を解説しました。

一度に設定できることで手間が省け、クーポン発行忘れを防げます。また、集客のタイミングを逃さず、購買率の高い対象者にクーポンが自動発行されるので、効率のよいクーポン運用ができます。

クーポン施策は3カ月程度続けることで売上効果が見えてきます。

クーポン施策で何をやってみたらいいのかわからない方は、まずは一括定期キャンペーンのおすすめ設定を試してみてください!

【関連記事】
▶︎【初心者向け】見るべき数字はコレ!データの分析・活用方法
クーポンはこう使え!お得なだけじゃない!クーポンの種類と効果を徹底解説

こちらの記事もどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA