2020年10月20日

【初心者必見】STORE’s R∞ってなに?設定方法や特徴を徹底解説

Yahoo!ショッピングに出店してみたけれど、お客様の詳細情報が分からなくて施策に困ってる、そもそも顧客管理ってどうしたらいいんだろう?

このような悩みを抱えた経験はありませんか?

ストアクリエイターProの画面から追えるお客様の情報は限られており、最近購入していないお客様は誰なのか?というような詳しい情報は得られません。

しかし、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)という顧客管理ツールを使えば簡単に知りたい情報が得られます。顧客管理をするだけではなく、クーポン発行などの施策にも役立つツールです。

そこで今回は、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)について解説し、特徴や設定方法なども初心者の方にも分かりやすく紹介していきます。

STORE’s R∞ の最新記事はこちらをチェック✓
購買率アップに欠かせない!STORE’s R∞で“できること”徹底解説

ぜひストア運営の参考にしてみてください。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)とは

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)とは、PRオプション特典として、PRオプションを利用している出店者に提供しているサービスのひとつです。

出店者の「新規顧客を獲得したい」というニーズから「既存顧客を優良顧客に育成したい」など、幅広いニーズに応えられる顧客管理ツールとなっています。

R∞logo

無駄うちしない!!必要な人だけにクーポン発行|STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)

PRオプションとは

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を利用するためには、PRオプションを設定しなければなりません。

PRオプションとは、Yahoo!ショッピング出店者の販売促進活動をサポートする成功報酬型広告商材です。広告対象商品が広告主ストアで購入に至った時点で購入金額に対して設定した料率が報酬となります。

設定した料率によって、Yahoo!ショッピングの商品検索結果やカテゴリーリストページ、特集ページにて商品プロモーションができます。

たとえば、イベントの日にPRオプションの料率を3.0%〜5.0%などに設定しておくと、商品検索結果に自分が販売している商品を上位表示させることも可能です。

PRオプションを全品1%以上に設定することで、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)が利用できます。
PRオプションの設定をする

STORE’s  R∞(ストアーズアールエイト)の特徴3つ

ここからは、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の特徴を3つ紹介します。

  1. 細かい顧客分析ができる
  2. 目的・対象にあわせてキャンペーンの配信ができる
  3. 質の高い効果測定ができる

1.細かな顧客分析ができる

細かな顧客分析ができることは、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の特徴です。

たとえば、下記のようなストアクリエイターPro上で得られない情報まで分析できます。

  • LYPプレミアム会員の購買金額はいくらか
  • 購買回数別の人数はそれぞれどれくらいなのか
  • 最近購入していないお客様の兆候

上記のような細かな情報を、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)独自の指標で分析していきます。

顧客情報の分析結果と聞くと、数字だらけで難しいデータを見る必要があって大変そうなイメージがあると思いますが、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)は違います。

分析結果は、グラフや図で解説されているため、一目で顧客情報を把握できます。

2.目的・対象を選択しキャンペーンを配信できる

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)は、目的や対象を選択してキャンペーンを配信できます。

キャンペーンを配信するには、まず「新規顧客獲得のため施策」や、「リピーター増加のための施策」など、さまざまな選択肢から目的・対象を選びます。

選択したあとは条件と配信期間を入力するだけで、ストアの要望を叶えられるキャンペーンが自動で配信されます。

また、手動で細かくキャンペーン内容を設定できるため、特に力を入れたい施策には、手動での設定がおすすめです。

3.効果測定ができる

目的や対象に絞ったキャンペーンを配信したあと、気になるのは「配信したキャンペーンがどれくらい効果があったのか?」という点です。

効果測定もしっかりと見える化してくれる点は、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の特徴といえます。

広告を見た人のうち、どれだけの人がその広告をクリックしたかを表すクリック率や、キャンペーンを経由して売上につながった数(コンバージョン数)も確認できるため、次の施策が打ちやすくなります。

そのため、他店と比べて、売上UPが期待できるでしょう。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を使うメリット3つ

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を使うメリットは以下の3つです。

  1. 効率的に売上・購買率の引き上げができる
  2. キャンペーン配信前の分析も簡単にできる
  3. 条件クリアでSTORE’s R∞を無料で使える

順番に解説していくので、ぜひSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の利用を検討してみてください。

1.効率的に売上・購買率の引き上げができる

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を使うメリットのひとつめは、効率的に売上・購買率の引き上げができることです。

配信対象者を選んで、キャンペーンを配信できるため、無駄なく効果を最大化できます。配信対象者は、ストアでの購入回数0回のお客様からLYPプレミアム会員まで、さまざまな対象者の選択が可能です。

ターゲットが明確になるほど、ターゲットに適したキャンペーンを選べるので、質の高い施策が打てます。

購買率UPにつながることから、ストア運営には欠かせないツールです。

関連記事
Yahoo!ショッピングはこのお客様を狙え!誰に買ってもらうと効率的か考えよう

2.キャンペーン配信前の分析も簡単にできる

細かな顧客情報もグラフや図によって一目で分かるため、分析も簡単にできます。

前回のキャンペーン配信では何が良くて、何が悪かったのかという情報が分かれば、次回のキャンペーン内容を改善できます。

ちなみに、キャンペーンの効果を分析するときは下記の項目をチェックしてみてください。

  • ターゲットは絞られているか
  • ターゲットにあったコンテンツ内容だったか
  • 訴求文は適切だったのか
  • 配信時間や期間は適切だったのか

上記項目も合わせて確認していくと、より効果の高いキャンペーンが配信できます。

関連記事
STORE’s R∞でクーポン発行したら…分析をして次の施策につなげよう!

3.条件クリアでSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を無料で使える

PRオプションで、ストア内の全商品を1.0%以上に料率設定している出店者はSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を無料で使えます。

もともとSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)は料金がかかるものではありませんが、PRオプションを設定していないと利用することができません。

そのため、PRオプションとセットで利用することで、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)が無料で使えるようになり、PRオプションの広告効果も期待できるということです。

たとえば、PRオプションで設定した商品を購入した顧客情報を、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)で細かく分析することをおすすめします。

分析することで今期はどんな商品が人気なのか、ストアの売れ筋商品は何かというのが分かるため、施策が打ちやすくなります。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を利用するまでの流れ【3ステップ】

ここからは、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)を利用するまでの流れを紹介していきます。下記の3ステップで設定が完了します。

  1. PRオプションの設定
  2. PRオプション特典の申込
  3. STORE’s R∞での利用規約同意

どれも難しい設定はないため、ぜひ参考にしてください。

1.PRオプションの設定

「ストアクリエイターPro」トップページにある「販売促進」メニュー内の[PRオプション料率設定]を選択します。上部には、現在設定されている料率が表示されており、すぐ下にある設定欄に設定したい料率(1.0%〜30%まで)を入力します。

「PRオプション料率設定-確認」ページが表示されるので、入力した内容を確認し、問題なければ「設定」ボタンを選択して、PRオプションの設定が完了します。

2.PRオプション特典申込

次はそのままPRオプションの特典申込を行いましょう。

料率設定欄の右側に「PRオプション特典」を申し込める欄があります。「申し込む」を選択して、2ステップ目が完了です。

3.STORE’s R∞での利用規約同意

最後に、利用規約に同意するとSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)が利用できます。

「利用規約を確認しました」にチェックを入れて、「同意する」を選択すれば完了です。

まとめ

ここまで、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)について解説してきましたが、ストア運営に役立つツールであることは理解できたでしょうか。

顧客管理が徹底してできるようになれば、お客様のニーズにあわせて施策を打てるため、ストアの売上UPに大きくつながります。

ぜひ今回の内容を参考にしながら、STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の利用を検討してみてください。

R∞logo

こちらの記事もどうぞ