2021年10月22日

他モールと何が違う?Yahoo!ショッピングで勝つために必要な対策

Yahoo!ショッピングでストアを出店されている方の中には、他モールに出店されている方もいるでしょう。

Yahoo!ショッピングと他モールとでは特徴が異なるので、売上を上げていくためにはモールに合わせた売上アップのコツがそれぞれあるかと思います。

Yahoo!ショッピングでしっかり売上を稼ぐためには、Yahoo!ショッピングと他モールとの違いを知って、必要な対策を行っていくことが肝心です。

そこで今回は、Yahoo!ショッピングで勝つための必要な対策について詳しく解説していきます。

■この記事のポイント

  • Yahoo!ショッピングならではの検索(SEO)対策が重要
  • 月額の固定費や初期費用がかからない分、集客や販促へ費用が充てられる
  • 「アイテムマッチ」「PRオプション」は検索対策にもなる
  • PRオプションの設定でターゲットに絞った販促施策も可能

Yさん、Yahoo!ショッピングのストアと他モールのストアでは売上を上げるための方法は違うんでしょうか?どうすればいいですか?

それぞれの違いを説明するので、Yahoo!ショッピングにあった攻め方、対策をしていきましょう!

Yahoo!ショッピングと他モールとの違い

まずはYahoo!ショッピングと他モールとの違いを知って、Yahoo!ショッピングの何をどう活用すべきか確認してみましょう。

Yahoo!ショッピングと他モールとの違いは以下のとおりです。

Yahoo!ショッピングユーザーが拡大中

Yahoo!ショッピングでは超PayPay祭が実施されるなど、PayPayでのお買い物が伸びています。

2021年に発表されたプレスリリースによると、PayPayのユーザー数は3,500万人を突破しています。

Yahoo!ショッピングではお買い物でPayPayポイントが貯まる上に、残高を利用したお買い物がさらにお得になる独自キャンペーンを行っているのでお客様の数も増えることが予想されます。

PayPayユーザーの拡大に加え、月間利用者8,600万人のメッセンジャーSNS「LINE」との経営統合もあり、今後LINEを活用したお買い物も盛んになると考えられます。

独自キャンペーンが豊富

Yahoo!ショッピングでは「超PayPay祭」のような大型販促イベントや定期的に行われる「5のつく日」「買う!買う!サタデー」など年間を通していろんな販促イベントが行われています。

キャンペーン一覧

主な独自キャンペーンは以下のとおりです。

  • 超PayPay祭
  • 5のつく日キャンペーン
  • ぞろ目の日限定クーポン
  • 買う買うサタデー
  • 【日曜日】ソフトバンクスマホユーザー+10%
  • 【日曜日】ソフトバンクスマホユーザー以外は+5%
  • LYPプレミアム会員+2%
  • 倍!倍!ストア

販促情報(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

Yahoo!ショッピングモールへの全体集客施策が実施されるので、各ストアは訪問客獲得(ストア構築やSEO対策)に注力できます。(商品が売れた場合に各ストアがポイント原資を負担します)

月額固定費・売上ロイヤルティが無料

Yahoo!ショッピングは初期費用・月額固定費・売上ロイヤルティが無料です。

Yahoo!ショッピング全体として共通の集客施策を実施した際に、商品が売れた場合に各ストアは付与するポイント等の各種費用を予め設定した料率で負担します。

他モールでかかっている月額出店料(19,500円~100,000円)やシステム利用料分を、Yahoo!ショッピングでは広告費用として使えるという考え方もできるんではないでしょうか。

出店による月額固定費を気にしなくてよいので、他モールだったらかかるであろう費用を販促施策に充て、お客様を自分たちのストアへ集めることに注力できます。

広告メニューが充実

Yahoo!ショッピングでは出店者向けの広告メニューが充実しています。

Yahoo!ショッピング内にいるたくさんのお客様に、自ストアへの訪問を促す(=広告で集客をする)ことが重要です。

特にクリック課金型で、検索結果に連動した「アイテムマッチ」がおすすめです。
「アイテムマッチ」について詳しくはこちら

広告の活用に関しては後ほど詳しく説明します。

メルマガ(ストアニュースレター)配信が無料

Yahoo!ショッピングでは各ストアがお得な情報やおすすめ商品の情報を「ストアニュースレター」として無料で配信できます。

一度ストアで購入いただいたお客様が商品注文時にストアニュースレター配信登録していただいら、その後ストアからお客様へメールを送れます。

購入していなくてもストアニュースレターの配信登録をしたお客様にも送れます。

自動で定期的にお客様にフォローのメールが送れる「シナリオメール」という仕組みもあるので、メール設定や文言作成の手間をかけずにお客様へ継続的なアプローチも可能です。

メルマガ(ストアニュースレター)配信について詳しくは以下の記事をご参照ください。
メルマガは無料の集客ツール!今さら聞けないメルマガ販促・配信例を紹介

Yahoo!ショッピングで重要なのは『集客対策』

Yahoo!ショッピングのユーザー数も増えており、独自キャンペーンも行っているのでモールにはたくさんのお客様が訪問されています。

お客様がモールに集まるタイミングで、自分たちのストアにもお客様を呼び込みたいですよね。

そのためには集客対策が重要なんです。

ご覧いただいたように、Yahoo!ショッピングは他モールに比べ、出店費用が無料のため出店数は圧倒的に伸びています。

ストア数が多いということはライバルも多いということです。

Yahoo!ショッピングで売れるためには、Yahoo!ショッピングならでは集客対策に力を入れていきましょう。

集客対策も含めて、Yahoo!ショッピングで必要な対策について具体的に説明していきます。

Yahoo!ショッピングで必要な対策

Yahoo!ショッピングの中で他のストアに負けないためにも、以下の対策をおすすめします。

自分たちでできる検索(SEO)対策と広告の利用が有効です。

月額出店料などがかからないので、その分を広告費用に充てて、どんどん活用してみましょう。

Yahoo!ショッピングならではの検索(SEO)対策

Yahoo!ショッピングユーザーの約8割検索経由からお買い物をしています。

たくさんのストアから自分たちのストアをみつけてもらうためには、お客様が商品を検索した際に、自分たちの商品が検索上位に表示されるように検索(SEO)対策を行うことが重要です。

具体的な検索(SEO)対策は、検索対象項目の以下の点に注意していきましょう。

  • 商品名[name]:メインの検索キーワードと関連するキーワードを盛り込みます
  • プロダクトカテゴリ[product-category]:商品に合わせて詳細まで設定します
  • ブランドコード[brand-code]:ブランド名で検索される商品は特に重要です
  • JAN/ISBNコード[jan]:JANコードが付いている商品は正しく設定します
  • 製品コード(型番)[product-code]:型番で検索される商品(家電他)は重要です
  • キャッチコピー[headline]:メインの検索キーワードと関連するキーワードを盛り込みます
  • 商品情報[explanation]:メインの検索キーワードと関連するキーワードを盛り込みます

Yahoo!ショッピングの検索(SEO)対策について詳しくは以下の記事をご参照ください。
検索上位表示を目指そう!Yahoo!ショッピングでできるSEO対策

特に重要な「商品名」の付け方

最も重要な検索(SEO)対策項目は「商品名」です。

Yahoo!ショッピングで売れるための商品名の付け方の共通ルールを復習しておきましょう。

  • 商品名に検索キーワード、関連検索キーワードを取り入れる
  • 商品名の文字数を75文字以内にする
  • 商品名に記号を入れない
  • プロダクトカテゴリと合わせる

他モールでは商品名に記号を入れることでSEO対策になりますが、Yahoo!ショッピングでは記号を入れると減点になりますので、ご注意下さいね!

関連検索キーワードはYahoo!ショッピングの検索欄でメインの検索ワードを入れると確認できます。ぜひ参考にしてください。

検索されやすい、クリックされやすい商品名の付け方については以下の記事に詳しく書いてありますので、ご参照ください。
今さら聞けない!Yahoo!ショッピングの基本|商品名の付け方

検索(SEO)対策として、Yahoo!ショッピング出店者向け広告「アイテムマッチ」や「PRオプション」を利用することも有効です。
広告の活用についても説明しますね!

広告の活用「アイテムマッチ」

「アイテムマッチ」は検索結果やカテゴリページの専用枠に商品を掲載することができる広告なので、キーワードやカテゴリ検索からのお客様の流入が見込めます。

商品がクリックされない限り費用が発生しないクリック課金型広告なので、集客数に応じた支出で集客効果が得られます。

アイテムマッチの特徴

  • クリック課金型で、最低入札単価は1クリック25円から入札可能
  • 広告予算の下限金額の指定がない
  • 広告枠が充実(検索結果・カテゴリリスト・アプリのトップレコメンド枠他)

他モールの広告内容との違いを確認してください。
アイテムマッチは月額の広告予算の指定がないので、いくらからでも始められますよ!

アイテムマッチについて詳しくこちら

アイテムマッチの専用枠は以下のとおりです。

広告表示を増やすためのアイテムマッチ入札方法

アイテムマッチの入札方法は「個別入札」「全品指定価格入札」「全品おまかせ入札」の3種類です。

その中でもおすすめ入札方法をご紹介します。

  1. おすすめ入札方法①「全品指定価格入札×個別入札」
  2. おすすめ入札方法②「個別入札」

おすすめ入札方法①「全品指定価格入札×個別入札」

個別入札+全品指定価格

アイテムマッチで効果的に自ストアの商品の掲載回数を伸ばすためには、「全品指定価格入札×個別入札」が一番のおすすめ入札方法です。

全商品を入札することで商品数が増えるので、商品掲載の機会も増え、お客様の流入が見込めます。また、主力商品などは個別で設定して更なる流入を狙うことができるので、広告効果を最大化できます。

おすすめ入札方法②「個別入札」

個別入札

予算を抑えたい場合や、特定の商品により注力したい場合は、個別入札がおすすめです。

全品指定入札には5万円以上の予算が必要ですが、個別入札の場合はそこまで広告予算を設定しなくてもアイテムマッチを始められます。

個別入札は特定の商品に広告予算を投入できるので、確実な売上アップにつながりやすい方法です。

アイテムマッチの入札方法について詳しくは以下の記事をご参照ください。
商品の広告表示を増やそう!アイテムマッチの入札方法を徹底解説

広告の活用「PRオプション」

PRオプションは設定料率に応じてYahoo!ショッピングの検索結果やカテゴリリストページ、特集ページにて商品をプロモーションできる成功報酬型のYahoo!ショッピング出店者向け広告です。※成功報酬:対象商品が売れない限り、料金は発生しません。

PRオプションについてはこちら(Yahoo!ショッピングストア限定
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

PRオプションを設定した商品は設定料率に応じて、以下のような場所で商品がPRされます。

■検索結果ページ、カテゴリリストページ

■Yahoo!ショッピングトップページ、その他販促ページ

PRオプション料率設定のポイント

全商品を固定の料率で設定するとストア全体売上の底上げにもなり、全商品1%以上の料率を設定するとSTORE’s R∞(ストアーズアールエイト)も無料で使えます。

広告費が潤沢に使えそうな場合は、全品のPRオプション料率を7%以上に設定してみましょう。

料率7%以上であれば、購入特典が多く、購買意欲の高いLYPプレミアム会員をターゲットにした広告表示がされます。

PRオプション設定方法

全商品に料率を設定する場合は、ストアクリエイターProのトップページ>販売促進>PRオプション料率設定からPRオプション料率を入力し、確認ボタンを押します。

確認ページが表示されるので、問題なければ、「設定」ボタンを押して設定が完了です。

PRオプションの特典を利用して、ターゲットを絞った販促をぜひ行ってみてください。
実はYahoo!ショッピングは他モールと違い、ターゲットを絞った販促施策が実施しやすいんです!

Yahoo!ショッピングの優良顧客層に絞った販促の実施

前述したように、PRオプションを全品1%以上に設定すると、優良顧客育成ツール「STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)」が無料で利用できます。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)はYahoo!ショッピングの中で唯一対象者を絞ったアプローチができるサービスです。

例えば、新規のお客様のみにクーポンを発行したり、LYPプレミアム会員員のみにクーポンを発行することができます。

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)について詳しくはこちら

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の特徴

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の特徴は以下のとおりです。

  • 配信対象者に合わせたクーポンが発行できる(未購入者・誕生月のお客様・LYPプレミアム会員など優良顧客層他)
  • 一括定期クーポン利用でらくに自動運用ができる
  • ストアの顧客状況を分析できる
  • クーポン獲得費用がかからず、無料で利用できる(PRオプション料率全品1%以上に設定)
  • クーポン利用期限も自由に設定できる(セールや土日だけでも発行可能)
  • クーポンの値引き方法は値引き金額・値引き率での設定ができる

他モールであればお客様に合わせたターゲティングクーポンは配信+獲得+クーポン値引き分の費用がかかりますが、Yahoo!ショッピングではクーポン値引き分のみでクーポンが配信できます。

ターゲットに絞った販促施策が誰でも簡単に実践できるので、リピートしてくれるお客様を増やして、継続的に売上を安定させるような運用も可能です。

Yahoo!ショッピングでどのお客様をターゲットにするべきかについて詳しくは以下の記事をご参照ください。
Yahoo!ショッピングはこのお客様を狙え!誰に買ってもらうと効率的か考えよう

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の申し込み方法

STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)の利用には全商品1%以上のPRオプション料率の設定、もしくはプロモーションパッケージにご加入いただくことが必要です。
STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)のご利用案内はこちら
オプション設定がまだの方はこちら
PRオプションについてはこちら
プロモーションパッケージについてはこちら

まとめ

今回はYahoo!ショッピングで勝つための必要な対策について紹介しました。

Yahoo!ショッピングと他モールとの違いについてご理解いただけたかと思います。

Yahoo!ショッピングはユーザー数、出店数とも増えているので、ますますたくさんのお客様が集まることが予想されます。

その中で重要なことは、自分たちの商品やストアを見つけて訪問してもらうこと、ターゲットに絞ってできる販促施策を活用することです。

顧客の育成、顧客への自ストアからのアプローチもできるYahoo!ショッピングの機能をぜひ活かしてください。

【関連記事】
PRオプションを設定してみよう!メリットと設定方法を解説
今さら聞けない!Yahoo!ショッピングの基本|商品名の付け方
検索上位表示を目指そう!Yahoo!ショッピングでできるSEO対策
商品の広告表示を増やそう!アイテムマッチの入札方法を徹底解説
初心者向け!ストアニュースレター配信ノウハウを解説

こちらの記事もどうぞ