2021年06月29日

夏のPayPay祭攻略!勝ちパターンから「やるべきこと」をチェック

7月の大型販促イベント夏のPayPay祭がはじまります!

Yahoo!ショッピングに出店しているメリットとして、モールへの大型集客キャンペーンがあります。

2020年10月~11月と2021年3月に実施した超PayPay祭に引き続き、夏のPayPay祭も最大級の売上が予想されるので、しっかりと波に乗っていきましょう。

今回は夏のPaypay祭を攻略すべく、これまでの勝ちパターンをおさらいしつつ、やるべきことを解説していきます。

夏のPayPay祭概要

夏のPayPay祭りは以下の日程で約1カ月開催されます。

■開催期間:2021年7月1日(木)00:00~7月25日(日)23:59
最終日:7月25日(日)5のつく日曜日

最終日が5のつく日曜日で、給料日も重なることが多くこの日に最終的な駆け込み購入が増えることが予想されますね。

Yahoo!ショッピング内でもモール歴代3番目の取扱高目標が立てられています。

超PayPay祭の成功店の勝ちパターン

これまで2回行われてきたPayPay祭ですが、成功するストア様の勝ちパターンが見えてきました。

・PayPay祭でアイテムマッチを利用したら売上が3倍以上に!

夏のPayPay祭のように大規模集客イベントは、アイテムマッチの効果が高く出ます。

3月のPayPay祭ではアイテムマッチを利用したストアは利用しなかったストアと比べて平均で約3.4倍の売上の差がありました。※バリューコマース調べ

・アイテムマッチ×STORE’s R∞(ストアーズアールエイト)でさらに売上アップ

アイテムマッチの利用に加え、クーポンの発行も併用するとさらに効果が出ました。

アイテムマッチ単体で販促を行ったストアとアイテムマッチとSTORE’s R∞を併用したストアと比較した場合に、ストアへの訪問者数が114%多く、購買率も1%高いという結果でした。※バリューコマース調べ

売上、集客順にストアの施策で並べてみると、「何もしていないストア」<「アイテムマッチを利用したストア」<「アイテムマッチ×STORE’s R∞を利用したストア」という順番になります。

訪問者数を増やし、購買率を上げるための施策をしっかり行っているストア様がPayPay祭で売上を伸ばしていることがわかりました。

アイテムマッチについて詳しくはこちら

STORE’s R∞について詳しくはこちら

STORE’s R∞の利用には全商品1%以上のPRオプション料率の設定が必要です。
オプション設定がまだの方はこちら
PRオプションについてはこちら

夏のPayPay祭「やるべきこと」

それでは夏のPayPay祭で「訪問者数を増やす」「購買率を上げる」ためにやるべきことを詳しく見ていきましょう。

訪問者を増やすために

訪問者を増やすための施策は以下のとおりです。

アイテムマッチを活用する

Yahoo!ショッピングの7割のお客様は検索経由でお買い物をされます。

アイテムマッチは検索結果やカテゴリリストページの専用枠に商品を掲載できるので、効率の良い検索対策とも言えます。

■アイテムマッチ専用枠例(PC)

広告商品数を増やす

モール全体にお客様が集まってくるので、なるべくたくさんの商品をお客様に見ていただき、ストアへ誘導しましょう。

そのためにはアイテムマッチの広告商品数を増やすことが必要です。夏のPayPay祭で盛り上がる7月は「全品指定価格入札」×「個別入札」の併用がおすすめです。

「全品指定価格入札」でまずは全商品に商品掲載の機会があるように設定しておき、特に露出を増やしたい商品は「個別入札」で上位表示を狙った入札価格で設定しておきましょう。

「全品指定価格入札」は、指定した入札価格で全商品をアイテムマッチに簡単に登録できます。入札価格に迷う場合は、取り扱う主な商品カテゴリの最低入札価格+10円で設定していくと良いでしょう。

入札方法について詳しくは以下の記事をご参照ください。
商品の広告表示を増やそう!アイテムマッチの入札方法を徹底解説

月次の広告予算上限を上げておく

アイテムマッチの月次予算上限を上げておきましょう。広告配信の量が増えるので、商品の表示が増え、訪問者も増えることが期待できます。

夏のPayPay祭の期間はいつもより月次予算上限を上げておくと良いでしょう。特に、全品指定価格入札を利用する場合は、5万円以上の広告予算設定が必要です。

月次予算上限の設定について詳しくは以下の記事をご参照ください。
はじめてでも安心|とっても簡単!アイテムマッチの「月次予算上限」設定

検索対策を行う

前項でも説明したようにお客様の約7割は検索経由でお買い物をされます。

訪問者数を増やすためには、検索結果ページで検索上位に商品が表示されることが重要です。そこでYahoo!ショッピングで自分たちの商品が検索上位に表示されるように検索対策を行っておきましょう。

最も効果が高い検索対策は「商品名の見直し」です。

お客様が検索する際のメインのキーワードと関連するキーワードを商品名に盛り込んでおくことで検索上位表示が狙えます。

まずは売りたい商品から商品名を見直しておきましょう。

商品名の付け方について詳しくは以下の記事をご参照ください。
今さら聞けない!Yahoo!ショッピングの基本|商品名の付け方
検索上位表示を目指そう!Yahoo!ショッピングでできるSEO対策

15%OFF以上商品を用意する

集客力のあるお得なセール商品を用意しましょう。

夏のPayPay祭無料販促「15%OFF以上割引商品誘導」

セール商品を用意する場合に「15%OFF以上の商品」であれば、今回の夏のPayPay祭では無料販促として、セールページTOPからのストアへの誘導があります。

カテゴリによって掲載予定が異なりますので、以下の掲載予定リストをご確認ください。
無料販促「15%OFF以上割引商品誘導カテゴリ」のご案内(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

ぜひこの機会も活用してください。

メルマガ(ストアニュースレター)を配信する

既存のお客様にストアへの再訪問を促すために、、メルマガ(ストアニュースレター)を送りましょう。

メルマガ(ストアニュースレター)の開封率を上げるためにもクーポンや目玉商品を用意して既存客にアピールしましょう。

ストアニュースレター配信について詳しくは以下の記事をご参照ください。
初心者向け!ストアニュースレター配信ノウハウを解説

購買率を上げるために

購買率を上げるための施策は以下のとおりです。

クーポンを発行する

お買い物の際にクーポン特典があると、「クーポン付いてるんだったらお得だな」と購入の決め手にもなります。

■STORES’R∞クーポン表示例

夏のPayPay祭の期間中は全商品にクーポンを発行することをおすすめします。

クーポンの発行には最初に説明した顧客管理ツールのSTORES’R∞を利用したクーポン発行がおすすめです。クーポン発行の対象者(ターゲット)を絞って発行することができるので、クーポンが無駄に使われることがありません。

おすすめのクーポン発行手順

STORES’R∞でキャンペーンの新規作成を行います。「通常キャンペーン登録」を選んで、キャンペーンの目的、配信対象者を選んでクーポン発行を行っていきます。

以下のクーポン発行手順⑥にある「対象商品」で「ストア内全商品」を選ぶと全商品がクーポン対象となります。

まとめ

今回は夏のPayPay祭の前に「やるべきこと」についてご紹介しました。

モール全体にお客様が集まるので、「いかにストアに誘導し、訪問客を増やすか」が重要です。アイテムマッチでお客様をしっかり集める施策をとったうえで、実際に購入してもらえるようにSTORES’R∞でクーポンを発行しておく施策の併用が成功パターンです。

大規模集客キャンペーンのこの機会にしっかり販促施策をとって、売上を伸ばしていきましょう。

今回ご紹介したサービスについて詳しくは以下のページで説明していますので、参考にしてください。

こちらの記事もどうぞ