2022年01月11日

今年こそネットショップ(ECサイト)をはじめたい方必見!~Yahoo!ショッピングに出店を決める編~

スマホの普及や外出自粛の影響で、ネットショッピングの普及が加速し、多くの人が利用する買い物の手段となりました。

そのため、ネットショップ(ECサイト)を始めたい、既に始めてみたという個人や会社が増えており、Yahoo!ショッピングでは出店が増加しています。

リアルなお店と違い、ネットショップをはじめることは簡単ですが、売上を上げるためにはネットショップ の特性を理解する必要があります。

そこで「ネットショップを運営してみたい方」「どのようにはじめて、どんな施策を行っていけばいいのかわからない方」向けにネットショップの出店から成功までのストーリーを数回にわけて紹介していきたいと思います。

会社の新規事業としてネットショップを開設し、運営するよう命じられたヤフー太郎さんと一緒にネットショップ運営の道をたどっていきましょう。

今回はヤフー太郎さんがネットショップを開設するまでを解説していきます。

■この記事のポイント

  • ネットショップもリアル店舗も商売の基本は同じ
  • ネットショップは数あるお店の中からお客様に見つけてもらうことが必要
  • モール型ECは知名度がありお客様も既に集まっているが、自社ECは集客が難しい
  • ネットショップ運営初めての方は、モール型ECの中でもYahoo!ショッピングがおすすめ

ヤフー太郎店長!
ネットショップをはじめる前に、ネットショップとは何か、リアル店舗とネットショップの違いについても説明していきますね。

はい!よろしくお願いします。

ネットショップとは?

ネットショップはインターネットを通じて、お客様にパソコンやスマホでお買い物していただくお店のことです。

ネットショップもリアルな店舗も「広告や販促でお店にお客様を集めて、用意した商品を購入してもらう」という商売の本質は同じです。

ただし、お客様にお店を知ってもらう方法商品を提供する過程で違いが出てきます。

リアル店舗とネットショップの違い

以下の比較表でリアル店舗とネットショップの違いを確認してみましょう。Yahoo!ショッピングに出店した場合の例で比較しています。

ネットショップは全国のお客様が対象、24時間受注可能、リアル店舗に比べてストア運営費用は安く抑えられますが、数あるお店の中からお客様に見つけてもらうことが必要です。

ネットショップの仕組みについて詳しくは以下の記事をご参照ください。
今さら聞けない「ネットショップの仕組み」を理解しよう!(前編)ーリアル店舗と比較してみたー
今さら聞けない「ネットショップの仕組み」を理解しよう!(後編)ーネットショップ運営のポイントー

ネットショップをはじめるには?

ネットショップをはじめる方法は大きく分けて2通りあります。

  • モールに出店する方法(モール型EC)
  • 独自ドメインをとってお店を持つ方法(自社EC)

モールに出店する方法 (モール型EC)

Yahoo!ショッピングのようにたくさんのお店を集めて構成されたインターネット上のショッピングモールに出店する方法です。

商店街や大型ショッピングセンター内にお店を持つイメージなので、すでにお客様でにぎわっている場所に出店できる点がメリットです。

ショッピングモール内で管理ツールやサポートがあるので、マニュアルに合わせて設定していけば難しい知識がなくてもショップが開店できます。

独自ドメインをとってお店を持つ方法(自社EC)

自社の名前やサービスをドメイン(インターネット上の住所表示)にすることができ、デザインや機能を自由に組み合わせて自作する方法です。ネットショップ構築の知識のある方向けの方法といえます。

ショップの見せ方などデザインの自由度がモール型に比べて高く、独自性も出せますが、専門的な知識が必要なので外注することが多いでしょう。内容によって制作費用は異なります。

開店当初はモール型のように知名度がないので、SEO対策やリスティング広告など自力で集客しないといけません。

独自ドメインでネットショップを持つ自社EC型の場合は、集客が相当難しいです。

人通りのない場所にひっそり出店するよりも、モール型ECのようににぎわいのある商店街に出店した方がお客様の流入が見込めますよ!

ネットショップ運営初心者の方には、既にお客様や運営ツールの揃っているモール型ECへの出店がおすすめです。

なるほど・・・たしかに専門知識はないですし不安ですね。

モール型ECの中でもYahoo!ショッピングは初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤルティが無料ですよ!

Yahoo!ショッピングの出店について説明していきますね。

モール型ECではじめやすいのはYahoo!ショッピング

ネットショップをオープンしてみたいけれど「維持費や固定費が気になる」「HTML等の専門的な知識がない」「お店を作ってもお客様が集まるか不安」という方にはYahoo!ショッピングへの出店がおすすめです。

Yahoo!ショッピングは、簡単かつ安全にインターネットショッピングを楽しめるショッピングモールです。

他モールと比べてYahoo!ショッピングへ出店するメリットとしては、以下が挙げられます。

  1. PayPayの広がり、LINEとの経営統合でユーザーが拡大中
  2. 独自キャンペーンが豊富
  3. 初期費用・月額固定費・売上ロイヤルティが無料
  4. 広告メニューが充実
  5. ニュースレター配信が無料
  6. 電話サポートが無料

1. PayPayの広がり、 LINEとの経営統合でユーザーが拡大中

PayPayやLINEの影響で、Yahoo!ショッピングユーザーが拡大しています。

2.独自キャンペーンが豊富

Yahoo!ショッピング独自キャンペーンも頻繁に行われるので、自分たちでお客様を集めなくとも、モールにはたくさんのお客様が集まってきます。

主な独自キャンペーンは以下のとおりです。

  • 超PayPay祭
  • 5のつく日キャンペーン
  • ぞろ目の日限定クーポン
  • 買う買うサタデー
  • 【日曜日】ソフトバンクスマホユーザー+10%
  • 【日曜日】ソフトバンクスマホユーザー以外は+5%
  • LYPプレミアム会員+2%
  • 倍!倍!ストア

販促情報(Yahoo!ショッピングストア限定)
※アクセスにはストアアカウントを取得のうえ、ストアクリエイターProへログインが必要です。

自分たちでイベントを立ち上げなくても、Yahoo!ショッピング全体で集客イベントが定期的に行われるので、開店したばかりのお店でもお客様の訪問が期待できます!

3. 初期費用・月額固定費・売上ロイヤルティが無料

Yahoo!ショッピングは初期費用・月額固定費・売上ロイヤルティが無料です。出店自体にコストがかからないので手軽にはじめることができます。

Yahoo!ショッピング全体として共通の集客施策を実施した際に、商品が売れた場合に各ストアは付与するポイント等の各種費用を予め設定した料率で負担します。

出店による月額固定費を気にしなくてよいので、他モールだったらかかるであろう費用を販促施策に充て、お客様を自分たちのストアへ集めることに注力できますよ。

Yahoo!ショッピングに集まったお客様を自分たちのストアに呼び込むために「Yahoo!ショッピング出店者向け広告」の活用が重要なんです。

4. 広告メニューが充実

Yahoo!ショッピングの独自キャンペーンが頻繁に行われるため、モール全体にお客様は集まってきます。

その集まったお客様を自分のストアに訪問してもらうことが重要なのですが、そのための「Yahoo!ショッピング出店者向け広告」が充実しています。

■広告メニュー

アイテムマッチはYahoo!ショッピングの検索結果ページやカテゴリリストページに商品が掲載される広告です。

クリック課金型広告なのでクリックされた分だけ広告費用が発生します。広告が初めての方開店したばかりのお店でも利用しやすい費用対効果の高い広告ですよ。

アイテムマッチについて詳しくは以下のページをご覧ください。

5. ニュースレター配信が無料

Yahoo!ショッピングでは各ストアがお得な情報やおすすめ商品の情報を「ストアニュースレター」として無料で配信できます。

自ストアでご購入いただいたお客様が商品注文時にメール配信登録していただければ、その後ストアからお客様へメールを送れます。

自動で定期的にお客様にフォローのメールが送れる「シナリオメール」という仕組みもあるので、メール設定や文言作成の手間をかけずにお客様へ継続的なアプローチも可能です。

ストアニュースレター配信について詳しくは以下の記事をご参照ください。
初心者向け!ストアニュースレター配信ノウハウを解説

6.電話サポートが無料

はじめてのネットショップ運営はわからないことも多いでしょう。

Yahoo!ショッピングでは電話によるサポートが無料なので安心です!

次にYahoo!ショッピングのストア開設方法について説明していきます!

Yahoo!ショッピングにストアを開設する方法

まずはストア開設の申し込みを行っていきましょう。

Yahoo!ショッピングの申し込みに関する詳細は、以下のページで紹介しています。
▶️お申込み前の確認事項│出店のご案内(法人・個人事業主)

上記のページに設置されている「出店の申し込み」より、申込みができます。

ストア開設にあたっては、情報の登録や書類の取り寄せが必要になります。

ストア開設に必要な情報

ストア開設に必要な情報を揃えましょう。

Yahoo!ショッピングでのストア開設について詳しくは以下の記事をご参照ください。
Yahoo!ショッピングでストアを出店!開設までの手引き

審査のために、どんな商材を取り扱うのかを申告する必要があります。
何を扱うかを正しく申告してください。

なお、Yahoo!ショッピングで取り扱うことのできない商材もあるため、以下のガイドラインを読んで事前にチェックしておきましょう。
▶️約款・ガイドライン
※「Yahoo!ショッピングストア運用ガイドライン」のPDFをダウンロードしてください。

審査の期間は約2〜10営業日とされています。審査が無事完了すると、開店準備となります!

開店準備とはストアオープンに必要なストア情報や商品の登録といった作業です。開店準備が完了すると、最後の審査(開店審査)に入ります。
約2〜5営業日の審査期間を経て、ついにストア開店です!

ありがとうございます!
これで自分たちのお店が持てそうで、楽しみです!

まとめ

今回はリアル店舗とネットショップの違いからYahoo!ショッピングでのストア開設方法について紹介しました。

ネットショップの開設が意外と簡単なことがご理解いただけたかと思います。

これからのストア装飾や運営に自信がなくても、高機能なストアを作れる公式サポートサービス「B-Space」があるのでご安心ください。

B-Spaceについて詳しくはこちら

ヤフー太郎店長と一緒に、Yahoo!ショッピングのイベントや販促サポートツールをうまく活用して、売上をどんどん伸ばしていきましょう。

こちらの記事もどうぞ